■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ
大図書館の羊飼い 1ページ目

2014年01月02日

漫画復活

オーガスト&ARIAから恒例の年賀状が届きました。

中身は、年始の挨拶、年賀状、オフィシャルハンドブック2013年秋号、同2014年新年号、ファンディスク大図書館の羊飼いDS(Dreaming Sheep)チラシ。

昨年の残暑見舞いと同じく大図書館一色でしたね。
ハンドブックの中身も含めて。

でも今回は久しぶりに漫画もあって、読んでいて楽しめました。
手元のバックナンバーで調べてみたところ、漫画の掲載は2009年秋号でのFORTUNE ARTERIAL以来。
なんと4年ぶりの復活ですよ!

但し描いているのはべっかんこうさんではなく、大図書館スピンオフ「放課後しっぽデイズ」原画の夏野イオさん。
スピンオフ作品とはいえ一応新作の原画さんですし、前面に出してアピールしておくという意味も込めて、ハンドブックの漫画を復活させたのかもしれません。

でも1・2ページとはいえ漫画があると内容が華やかになりますよね。
漫画が無くなってからは新作のキャラ紹介などが掲載されていましたが、どう見てもページ埋めの広告にしか見えていませんでしたからねぇ。

スピンオフのキャラはFDのDSにも出てくるようなので、とりあえず今年分ぐらいはハンドブックで漫画は見られそうです。
しばらくは楽しめるかもしれませんね。

16:06 | コメント |     カテゴリー [ オーガスト小冊子 ] 、 [ 大図書館の羊飼い ]

2013年08月24日

大図書館一色

オーガスト&ARIAから残暑見舞いが届きましたヽ^シ'ω')ノシ

…でも、ARIAってもうすっかり有って無いような存在ですよね。
PS3用FAの開発中止以降、コンシューマ化の話も出なくなってしまいましたし…。


ともあれ今回の残暑見舞いですが内容は、挨拶、ハガキ、オーガストオフィシャルハンドブック2013年春号、同2013年夏号、「大図書館の羊飼い Dreaming Sheep」広告チラシ。

ハンドブックの中身は当然のことながら大図書館一色。
スピンオフの「放課後しっぽデイズ」や、FDの「Dreaming Sheep」も含めてね。

でも、まさかもうFDが出るとは思わなかったですよ。
ビックリするぐらい大図書館に力を入れているものですね。

…プレイした感想はイマイチだったし、FDが出せるほどとは思わなかったですけどね('A`)


この様子だと当分は大図書館一色のようです。
穢翼の時のように、残暑見舞いや年賀状が届いてもあまり喜びもないことになりそうな予感…。

14:18 | コメント |     カテゴリー [ オーガスト小冊子 ] 、 [ 大図書館の羊飼い ]

2013年06月05日

大図書館の羊飼い 完

大図書館の羊飼い。
全てのおまけも見終わりましたので、オーガスト作品のいつものおまけを見てみましょう。

ということで、オーガストのロゴをクリック。
今回の内容は、筧がハーレムルートを確かめようと全員のフラグを立てたら修羅場になってしまい、高峰に助けを求めるといったものでした。
なのでアーッ!な展開から、嬉野紗弓実製の攻撃衛星「天の怒り」からレーザーが照射されてお決まりの爆発オチ。
この流れは安定していますねヽ^シ'ω')ノシ

ですが、今回は爆発の規模が小さかったのが大きな不満。
爆発は恒例でプレイヤーはそれに期待しているんですから、ど派手なもので締めてほしいですよね…。


ともあれ、これで長らく続いた大図書館の羊飼いもやりつくして全クリアとなりました'`ィ(´∀`∩
ということでセーブデータをバックアップ。
そしてプレイした感想を書きたいと思います。


----------

今作品はオーガストがかなり力を入れて製作したのがわかるぐらいの大ボリュームなゲームでした。
それでいて細かなイベントもちょくちょく入り、共通ルート部分から飽きさせずにプレイできたのは良かったです。

しかしそれも1周目だけ。
2周目以降はそれがあだとなり、延々と既読スキップする羽目に…。
トゥルールートではゲームスタートから分岐入りまで、既読スキップだけでも1時間近くかかるぐらいで、プレイ時間の大半が既読スキップだったというのも珍しくないぐらい酷いものでした。

それでいて分岐入り後の個別ルートではデートに行くのが一回しかなく、一転してボリュームが薄いという有様。
変におまけを用意して内容を分散させるぐらいなら、分けずにまとめて本編を充実してほしかったですね。


そしてシナリオですが、こちらも面白くは無く全体的に微妙な雰囲気。
羊飼いの存在以外は純粋な学園物ではありますけど、場面が図書部の部室がほとんどで教室でのシーンは最初だけ、行事は汐美祭が話に出るだけで特別な背景などは無し。
学園を舞台にしているけど、部活動のみの話というのは寂しかったです。

んで、良かったのは千莉のシナリオ(おまけ含む)と、つぐみのトゥルールートぐらい。
ですがトゥルールートは他のヒロインでも同じ話が延々と続くため、純粋に良いとは言い難いところも…。
その点、千莉のは恋愛だけではなく、水結や佳奈との友情や、自分自身の葛藤や成長も描かれていて、どのエンディングも全てが解決したハッピーなもので、見ていて心が温かくなります。


そんなわけで、良い部分が少なく、大ボリュームも功罪入り混じっていることから、全体的な評価としては「 悪い 」と言わざるを得ません。
正直、手を出して失敗したかな…と思うレベル。
オーガストということで期待しすぎてしまったというのもあるのですが、それでも少しぐらいは格好をつけてくれるかと考えていただけに残念です。

スピンオフの「放課後しっぽデイズ」が製作決定しましたけど、原作がこれではさすがにスルーしますよね…。

23:23 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年06月04日

淡々としたハーレム展開

大図書館の羊飼い。
いよいよ最後のおまけ「居眠りと未来予知」です。

この話は筧のもとに千莉と佳奈すけが恋愛相談をしに来て鉢合わせとなり、すったもんだの後に夢オチとなって最初に戻るといったものでした。

しかし全体的に淡々とした流れで盛り上がりが無く…。
千莉と佳奈すけには修羅場は合わないので初めのうちはこの流れでも悪くはないのですが、その分後半には見せ場がほしかったですね。
二人の仲の良さをもっと前面にアピールしたものでもあれば…。

ですから、せっかくのハーレム的な展開も物足りない内容となってしまっていて残念でした_| ̄|○

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年06月01日

千莉のおまけは大当たり

大図書館の羊飼い。
次のおまけは千莉の「持久力が試される湖」。

これは声楽が体力勝負といった話から、千莉の運動能力の高さが描写されているものでした。
ですがその中にも声楽自体の話題もあり、エンディング後も歌姫として順調にいっていることがわかって良かったです。

それに千莉のSな面とMな面の両方が出てきて、ニヤニヤ部分もバッチリサポート( ´∀`)
オチも、回想部分、周りの反応、ラスト、と3段階で攻めてきて面白かったですよ。

タイトル通りの内容でもありましたし、このおまけはこれまでで一番の内容でした'`ィ(´∀`∩


続いては、千莉のもう一つのおまけ「純粋に不純な男たち」です。
こちらは高峰が千莉に罵倒してもらおうと苦心するといった内容でしたw
何と言いますか、出だしから可笑しくて噴いてしまいましたよ(ノ∀`)

とはいえ面白さだけではなく、千莉の表情の変化が見れてニヤニヤできて楽しかったです。
そしてオチも決まってこちらも良い出来でしたね。


そんなわけで、千莉のおまけはどちらも面白くて良いシナリオでした。
これなら大満足ですね'`ィ(´∀`∩

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年05月31日

ツッコミ千莉

大図書館の羊飼い。
小太刀のもう一つのおまけ「小太刀新生」をプレイしてみました。

すると、こちらは昨日の「3割バッターの集中力」とは違って面白かったですよ。
この話は小太刀の変貌がポイントではありますが、一番良い味を出していて目立っていたのが実は千莉。
小太刀と筧が変になる中、一人平然とツッコミ役をこなしている様が見ていて可笑しくて可笑しくてw

ですから、小太刀の話というよりも千莉の話とも取れる内容でした。
小太刀は理性が切れていただけでしたからね。

なので小太刀のおまけとしては少々疑問が残りましたが、話が面白かったので良しとしましょう(ノ∀`)

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年05月30日

3割バッター不在

大図書館の羊飼い。
今度のおまけは小太刀の「3割バッターの集中力」。
タイトルから内容が想像できなかったのでどんな内容なのか楽しみです。

んでプレイすると…。

何てことはない話でしたよ ̄|_|○
しかもタイトルとは無関係…。
出落ちもいいとこですね┐(´ー`)┌

面白そうと思って見てみたらウケは無くニヤニヤ成分も低く、期待した分かなりガッカリしてしまいました_| ̄|○

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年05月28日

イマイチキャラ

大図書館の羊飼い。
次のおまけは佳奈すけの「結局それかよという話」です。

他のヒロインと同様に右側のおまけはギャグ話でした。
しかし佳奈すけはどの話でも茶化した感じの内容なので、それらと変わらない印象となってしまいイマイチ…。
メリハリって大事ですよね。

それに、話自体もさほど面白く無かったのが致命的 ̄|_|○
オチが筧ではねぇ…。
筧の変わり様で笑わそうとしているのがわかるのですが、「ブラボー」と文字だけ書いてあったところで弱すぎます。
顔グラでもあれば少しは違ったかもしれません。


ということで、佳奈すけのおまけはどちらもイマイチでした_| ̄|○
本編(ノーマル&トゥルールート)も面白くなかったので、佳奈すけ専用の話は本当に良いところが無かったですね。
なので、鈴木佳奈=面白く無い・イマイチ、という悪いイメージが定着してしまう結果に…。

こんなシナリオでは、キャラがかわいそうですよ…。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年05月27日

使えないバージョンアップ

大図書館の羊飼い。
そういえばVer 1.10へのバージョンアップが来ていましたね。
大きな修正ポイントは、「次の選択肢へ進む」というボタンの実装。

…まぁ、トゥルールートで個別内容に達するまで、既読スキップで1時間弱もかかるというのはさすがに問題でしたからねぇ。
もっと早くにこの機能がほしかったですよ…。
ですがこのボタンで次々に飛ばせばかなりの時間短縮になるので、これから始めるという人にはいいと思います。

しかしながらこのバージョンアップを適用すると、今までのセーブデータが使えなくなるというのは大問題。
新機能の実装があるからなのでしょうが、誤字や音声データの修正ぐらいならそんなことしなくてもできそうですし、修正ファイルだけは別に用意してほしかったですね。
この点は不親切だと感じました。


そんなわけでせっかくのバージョンアップもスルーせざるを得ず、何もしないままゲームを進めていくことに。

で、今回は佳奈すけのおまけ「愛のビーチボール」をプレイです。
これはノーマルエンド後の話で、福引で売れ残り商品が当たってしまい、仕方がなく海へ行くといったものでした。
佳奈すけの話らしく全体的におちゃらけた内容なのですが、ドカンとくる笑いがなく微妙な感じで…。
それで笑いに徹しているのでニヤニヤ成分も低くガッカリ。

佳奈すけだからといって、そこまでギャグに走らなくてもよかったんじゃないかな…。
本編の時にも書きましたが、そのせいで付き合う前と後の変化があまり感じられなくなってしまっていましたからね。
恋人同士となったからには、やっぱりニヤニヤするような内容を期待してしまうというものです。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

2013年05月23日

エンディング無視のおまけ

大図書館の羊飼い。
次のおまけは玉藻の「想いが辿り着く場所」。

これは特にエンディングの続きというわけでもなく、日常の一コマといった感じでした。
ですが玉藻の意外な一面が見られてなかなか良かったです。

それに勉強熱心という真面目な面でオチもつけてくれましたしね(ノ∀`)


続いてもう一つのおまけ「白菜の甘さ」です。

こちらはノーマルエンディング後の話らしく、玉藻が画家となっていました。
しかし、内容はそれとは全く関係が無く、鍋奉行話のギャグ物。
これでは何のために画家ということを出してきたのかサッパリ…。
ギャグとしてもそれほど面白くも無く微妙でした(´・ω・`)


そんなわけで玉藻のおまけを2つとも見終わりましたが、ギャグ物の方がイマイチだったもののもう一つが良かったのでまずまず満足できましたよ。
でも、できればもっとエンディング後ということを前面に出して絡めた内容してほしかったですね。
その点は残念でした。

つぐみのおまけが2つともエンディング後を意識して作られていただけに、それと比べてしまうと玉藻のものはどうしてもねぇ…。
おまけ自体がクリア後に開放されるものですから、内容はそのエンディングに沿ったものを期待しますよね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]