■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ
ダンジョンクルセイダーズ1、2 1ページ目

2009年01月12日

ダンジョンクルセイダーズ2 完

ダンジョンクルセイダーズ2。
コンプリートしたのでようやく初回特典ブックレットのクロニクルを読むことが出来ますよ(っ´▽`)っ
そんなわけで本を開いてみると、予想通りネタバレ満載の内容でしたw
やっぱり後回しにしておいて正解でしたね。

なにせCGはモチロンのこと、スキルツリーや序盤のMAPや敵のデータなど諸々載っていますからねぇ。
スキルツリーぐらいは見ておいても良かったのかな?とも思いましたが、あれこれと試行錯誤するのも面白さでもあるからやはり見なくて良かったです。
ゲーム内では伏せてあるんですから、そういった意図で作られていると思いますし。
これも攻略の一つということでしょうね。


そして同じく初回特典のサントラも聴き、これでダンジョンクルセイダーズ2は全て終了しました'`ィ(´∀`∩
なのでセーブデータもバックアップしておきましょう。


では、全て終わったところで感想や評価は以下に。


さてこのゲームは「2」といいつつも、ストーリーもキャラも前作とは繋がらないものでした。
唯一イリス学院長ぐらいでしょうか。
なので前作をプレイした人からしたら少々残念でしたね。
せっかく前作のEDは今後も続きそうな流れで終わっていましたので、その続編を期待していましたからねぇ。

それなのに前作のキャラは登場せず、他のゲーム(マジカルウィッチアカデミー)のキャラは登場して、しかも仲間に加わるだなんて…。
これは「ダンジョンクルセイダーズ」であって、「マジカルウィッチアカデミー」じゃないですよ?
何を考えてこんな繋がりにしてしまったんでしょう(´ー`)


続いてはRPGパート。
これは以前に動作検証版の時にも書いたように前作からかなり改善されています。
2008年11月22日のエントリー:動作検証版で動作以外も検証してみた参照

それとエンカウント数も程よいバランスに収まってイイ感じに。
ですがそれでいてレベルに困らないぐらいの戦闘があるので、特にレベル上げをしなくても済みサクサク進めます。

しかし一部のボスのHPと防御力がぶっ飛んでいたのはマイナス。
ただダラダラと長時間戦うハメになりますからねぇ。
削るのに時間が掛かるのは良い戦いとは違いますよ。

あとは戦闘中の「オート」と「逃げる」の配置は何とかして欲しかった。
オートは一回でも選べば即発動するのに、逃げるは全てのキャラで選ぶ必要があるんですよね。
それなのにオートと逃げるが上下に並んで配置されていますから、逃げるを選んだつもりがオートになってしまうというのが多々。
オートを先頭キャラだけ選べるようにするか、逃げるも一回選べば発動するようにするとかして欲しかった。
逃げるつもりが4・5キャラ目でオートを選んでしまったときの絶望感はかなりのものです_| ̄|○

それと新システムの魔氷石ですがこれはとても良かったヽ^シ'ω')ノシ
困難な敵でも、状態異常付与の石を付けたり、属性耐性を付けたりすれば太刀打ちできるようになったりしますからね。
特にボス戦では重要で、このおかげで倒せたときはまさに「攻略できた」と思えますよ。

とはいえ不満な点もありますけどね…。
それは魔氷石の合成です。
数もお金も沢山必要なため、普通にプレイしていると使う機会が全くありません。
10個集めるだけでも大変だというのに、上位になると20個や40個必要とか無理に決まっています。
新しく取り入れたシステムなのに、使いたくても使えないんじゃ意味が無いですよ。

結局一度も使わずにクリアしてしまいましたからねぇ。
やり込みまでしたのに合成条件を満たせずに終わってしまうとは…。


そしてADVパート。
前作では数が多く一回の時間も長くて、RPGで重要な「テンポ」を非常に損ねたエロシーンですが、今作ではこれも改善されていましたよ。
何といっても本編中の無駄なエロシーンが減ったのは良いことです。
そのおかげでRPGのテンポを損なわず、それでいて良いタイミングで入ってくるので、RPGもエロも飽きさせない作りとなっています。
バランスが良くなりましたね。

ただ、一回の時間が長いのは変わらなかったので、これはもう少し削っても良いかと。
その分シーンの数をクエスト報酬などで補ってバリエーションを増やした方が、結果的にCG枚数も増えてプレイヤーとしては嬉しいんですけどね。
…その分、原画家泣かせとなりますけど(ノ∀`)

そんなわけでADVパートに関しては概ね改善となったわけですが、唯一バックログだけは前作と同様に悪いままで残念でした。
ログがゲームスタート時までさかのぼれてしまっては、その分肥大になるから逆に使いづらいのですけどねぇ。
それにページ送り/戻しボタンを押しても1会話分だけ移動するだけなので、少し前をたどろうとすると何回もボタンを押していかないといけませんし…。
せめて1ページ分ぐらいは一気に移動して欲しいものです。
ログが肥大ですので、そのせいで横のスクロールバーでの微調整もしにくくなってしまっていますからね。
せっかくの機能なのに、使いにくいために見向きもされないんじゃ勿体無いですよ。


いろいろと書きましたが、このゲームはアトリエかぐや初のRPGだった前作からは大幅に改善されて良くなったのは確かです。
難易度は相変わらず低めですが、前作みたいにベタベタに易しいわけではないので、RPGとしてのやりごたえは上がっていますよ。
RPGとしてもエロゲーとしても益々楽しめるようになりました。
「2」なのに続編ではないのが非常に残念でしたが、そのおかげで手が出しやすいのは利点。
前作未プレイの人でも楽しめる作品に仕上がっています。


さて、今作もなにやら好評のようですし、シリーズとして定着するのでしょうか?
そうなると嬉しいですね。
1→2の改善具合をみると力を入れているのが感じられますから、3が出てもおかしくはないと思うのですがどうでしょう。
期待しちゃいますよヽ^シ'ω')ノシ

14:02 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月11日

やり込みも終了!

ダンジョンクルセイダーズ2。
昨日オマケダンジョンの「飽くなき探求者たちの夢」もクリアしたので、ここからやり込みモードといったところでしょうか。
そんなわけで、SPを稼ぎながらレベル上げ。
SPを得るには各階のボスを倒すわけですが、比較的簡単に倒せる6・7階の2つのみ倒しては帰還の巻物で戻って繰り返すというパターンでやっていきました。
それに強さだけじゃなく、7階ボス→9階ボスまでの移動距離を考えてもこの方がベストだと思いましたからね。

んでしばらくして全員レベル99に達し、その後少し遅れてスキル全取得も達成ですヽ('ヮ'*)ゝ
スキルレベルはMAXというわけではありませんが、そこまでする必要も無いですからこれで十分です。
この状態でも攻撃時のCGは全て見られますからね。


ということで、これにてやり込みも完了しコンプリートです'`ィ(´∀`∩
最終のセーブデータはこんな感じとなりました。

本編クリアから約13時間でオマケ+やり込みが終わったということですね。
2009年1月6日のエントリー:ついに本編クリア!参照

…っていうか、なんで第2章になっているんでしょう(ノ∀`)
バグってますから早いとこ新しい修正パッチを作ってくださいねw
今度はちゃんと不具合の無いものをお願いしますよ?

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月10日

オマケもクリア

ダンジョンクルセイダーズ2。
「飽くなき探求者たちの夢」に篭り、まずはぐーりんとシルヴィアのイベントを起こすことに。
ぐーりんは楽勝でしたが、シルヴィアがすごく大変でしたよ…。
レベルアップで全回復してしまうことが最大の敵になるだなんてね_|\○_
それでもなんとか見られたのでこれでOK。

そしてダンジョン探索に戻り、7階から上を目指していきました。
各階にボスは出てくるものの、高HPで高防御力というだけで問題無し。
ただ時間ばかり掛かる戦闘なので戦っていて面白くもなんとも無いですけどね。
こんなのは「やりごたえ」とはかけ離れているんですけどねぇ…。

んでロゼのイベントも起こり、残るカバネもヒントは得られたので今度やっておきましょう。
とにかく今回は最上階を目指していますからね。


そんなわけで最上階の10階に辿り着き、ここでもボスが待ち構えていました。
名前が「夢を統べるものレヴェリア」なので、いかにも裏のラスボスって感じですよね。
なにせ本編の舞台が<レヴェリアの角>だったわけですから。

戦ってみると、これまでのボスとは違ってサスガに強かったですねぇ。
渾身の聖攻撃なんて一撃で1400とか喰らうので簡単に即死できます ̄|_|○
なので直前に中断していたデータからやり直し、アクセサリーで聖耐性を上げて再戦。
数が足りない分はアイテムの聖耐の種と使って凌ぐことに。
そうしたところ、被ダメが250程度まで下げられましたので、これでかなり楽になりました。

あとはスキルを使いまくってひたすら敵のHPを削る作業。
ホント、HPが多すぎですから「作業」という言葉がピッタリです_|\○_
MPを回復させる魔素薬が足りるかどうかだけが心配なぐらいでしたよ…。


そうこうしてついに倒し、無駄に長い戦闘時間も終わりを迎えました。
するとそのままイベントに突入。
それがまた戦闘時間以上に無駄に長くてダレます('A`)
なにせエロシーンが5連続ですから…。
1回でも長すぎるのにそれが5回も続くだなんて拷問です。
ボタン連打でなるべく早送りで飛ばしていたのに、それでも軽く1時間は越えていましたからねぇ ̄|_|○
最後だからとはいえこれは酷い。


ま、ともかくそのイベントも終わり、やり残していたカバネのイベントも起こし、これでCGとシーンの回収率は100%となりましたヽ^シ'ω')ノシ
オマケダンジョンもクリアしたので、ゲームとしてはこれで終わりと言っていいもいいでしょう。


ですがMAPがまだ100%に達していないので、再び「飽くなき探求者たちの夢」を上ることに。
すると10階のボスであった「夢を統べるものレヴェリア」の姿はもうありませんでした。
まぁ、いたらそれはそれで話がおかしくなりますからねぇ(ノ∀`)

んで更に奥に行けるようになっていたので進んでみたところ、新たなボスが登場しているじゃないですか。
そんなわけで「ディメンジョン=ドリフター」との戦いです。
そしたらまたこれが大変なこと大変なこと。
渾身の連撃で1300ぐらい喰らいますよ。
しかもそれは属性攻撃じゃないから先ほどのように防ぐことも出来ず…。

そしてなんといっても、ぐーりんの攻撃魔法が全く効かないというのが痛かった。
虚無石をつけても意味無しですし_| ̄|○
補助だけしたらあとは薬を投げつけるだけしか役に立てませんでしたからねぇ。
それでいて渾身の連撃で瀕死 or 即死なので、まさにお荷物状態。

ただでさえ厳しいのに、戦力を1人欠いた状態では尚更厳しかったです。
それでも無駄に多すぎるHPを4人で削りまくって、なんとか倒すことが出来ました_| ̄○ノ
もう二度と戦いたくないですね。
これもまた面倒なだけでしたからねぇ。


夢を統べるものレヴェリア戦→エロシーン5連続→ディメンジョン=ドリフター戦と、無駄に長すぎるものが続いたので本当に疲れました。
戦闘もエロも長くすれば良いってもんじゃないってことを知ってほしいものです_|\○_
RPGはテンポが一番重要なんですから…。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月09日

いつからあったの?オマケダンジョン

ダンジョンクルセイダーズ2。
どうにか666万6666elt稼いだのでルーファンに投げつけてイベント完了ですw
これで終わったのかと思ってCGやシーンの達成率をチェックしてみましたが、73%とか77%でまだまだでした_| ̄|○

本編もクエストもルーファンの館も終わらせたのに何が足りないんだろう…。
不思議でしたのでいろいろ探してみたところ、グラキエストからのダンジョン探索のクエストダンジョンの下に「飽くなき探求者たちの夢」というものが追加されているじゃないですか。
ということで、早速探索開始です。

メインメンバーのほとんどはお金稼ぎ中にレベル99に達していましたから、雑魚をなぎ倒してガンガン突き進んでいきました。
…まぁ、入り口に戻れない作りをしていたので突き進むしかなかっただけですけどね ̄|_|○

んでその道中にルーファンの落書きがあり、各キャラのイベントの起こし方のヒントが書かれていたので試しにやってみることに。
すると確かにイベントが起きますよヽ^シ'ω')ノシ
どうやら残りのCGやシーンはここで回収するようですね。

そして更に進んでいき、6階まで来たところで突然ボスが登場。
一気にここまで来てしまったので消耗した状態でしたが、それでもなんとか倒してみたところEXPやeltの他にSPも得られるじゃないですかっ!

…なるほど、レベルをカンストした後でもこうやってSPが得られるのかぁ。
そうなると、これからのSP振りは消費MPを気にせずに強いスキルをガンガン上げていった方が良いのかもしれません。
特にレベルの低いサブメンバーは、このボス特化でスキルを覚えさせていった方が、結果的には楽にスキルカンストできそうな気がします。
とにかくこのボスだけでも倒せればSPが得られるわけですから、レベルを上げまくらなくても済みそうですので…。
ま、それが上手くいくのかはわかりませんですけどね ̄|_|○


さて、とりあえず6階まで踏破出来たので一旦街に戻って回復です。
次に上るときはワープを使ってショートカットできるしのんびり行きますよ(っ´▽`)っ

そんなわけでせっかく戻ってきたので、ミリアのイベントも起こすことにしました。
ミリアはサブメンバーだからこういった機会じゃないと使いませんので…(ノ∀`)
そして少々面倒でしたが、ミリアのイベントも無事起きてホッと一息。

で、そのままサブメンバーのレベル上げを少し続けていたところ、いきなりエンデのイベントまで起きてしまいましたヽ^シ'ω')ノシ
まさかノーヒントで見られてしまうとはねー。

これでレジーナ、ミリア、エンデのイベントが起きましたので、この3キャラのCGはコンプリート。
そしてシルヴィアとぐーりんのはヒントを得ていますから、その通りにやればOKでしょう。
着々とCGが埋まっていきますよ'`ィ(´∀`∩
この調子でゲームもコンプリートといきたいところですね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月08日

ルーファン暴利すぎ

ダンジョンクルセイダーズ2。
本編をクリアしたけど、クエストが少し残っていたり新たに増えたりしていたからそれらを片付けていくことに。
するとこれまでクリアできずに保留していた「限界Battle」もなんとか終わらせることが出来ました。
このクエストは本当に★1個の難易度なのか疑問ですよねぇ…。

そしてルーファンの館でのイベントも見ていったのですが、最後だと思われる選択肢の金額を見て唖然。
6666666eltって ̄|_|○
これまで買い物をほとんどしていなかったのでお金は十分にあると思っていたのに、それでも足りないって一体…。
全ての選択肢を選ぶのに1266万6666eltはサスガにやりすぎ(ノ∀`)

ということで、足りない分の約200万eltを稼ぐべく狩りまくりです。
レベル上げも兼ねてね。
でもサブメンバーだけでは「夢路の果て」は無理なので、メイン+サブの構成で4階の長い直線を行ったり来たり。
それでもいざお金を稼ごうとすると物凄く大変なことがわかりました_| ̄|○
レベルはガンガン上がるのに、肝心のお金はクロネコポーチを装備しているのに全然。

まだ100万eltほど足りない…_|\○_

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月06日

ついに本編クリア!

ダンジョンクルセイダーズ2。
引き続き「夢路の果て」の探索です。
すると5階に上がるところでイベントが起き、「ミズチがこの奥にいる」とのこと!
やはりここはラストダンジョンのようですよヽ^シ'ω')ノシ

そして勢い勇んで5階に行き、休憩ポイントで回復&セーブ。
装備も整えて準備はOK。
いざミズチ戦へ!

「世界に絶望したものミズチ」との戦いですが、ぐーりんの魔法が全く通じません_| ̄|○
ぐーりんは用無しだったのか…と思いながら仕方なく補助魔法でサポート役に。
攻撃は他のキャラでガンガンいってみたけど、どうもミズチの様子がおかしい…。
ラスボスにしては特殊攻撃は大したことないし、通常の攻撃もレジーナのエスケープのおかげで回避しまくりですからねぇ。

どうも”クサイ”のでスキル攻撃は控えてパワーを温存しながらチクチクと攻撃。
これでHPをゼロにして倒したかと思いきや、案の定パワーアップして連戦となりました。
予感的中!(`・ω・´)


そんなわけで、次は永劫の楽土と融合した「楽土に立つものミズチ」との戦いです。
今度は打って変わって攻撃が痛いこと痛いこと。
特に魔法の痛さは格別。
サンダーストームでぐーりんとレジーナが一気に戦闘不能になり、アリオンとカバネも瀕死状態というまさに危機的状況に( ̄□ ̄;
ですが、騎士の誇りLv.10のおかげで一人余裕のエンデが次のターンでアイテムを使って全員復活!

魔法の痛さがわかったので、すかさずぐーりんがディスエンチャントを使ってミズチの魔法攻撃力をダウン。
以降は誰一人戦闘不能になることなく凌げるようになり、安定したままミズチを倒すことが出来ましたヽ('ヮ'*)ゝ
ラスボス撃破です!


ついにエンディング。
ミズチがこのようになった原因とか明らかになり、少し衝撃が走りました。
まぁ、それは悪くは無かったのですが、戦闘直前やこれまでの様子を考えると微妙に納得いかない点が…。
ホムラから追放処分された理由はわかったけど、そこからラスボス化するにはちょっと理由付けが弱いかなぁと。
でも、いきなり強いやつが出てきて「ワシがラスボスだ」とかやられるよりかはよかった。
カバネとミズチの間にストーリーがありましたからね。
少し納得いかない部分もありますが、このぐらいは勘弁しておきましょう(ノ∀`)

そして旅の目的であった永劫の楽土は、その危険性やレヴェリアの角の崩壊もあって放棄し消滅させることに。
その後はそれぞれ自分達の国へ報告しに一旦戻るも再びアリオンの元に戻って一件落着?
となったところでクリアとなりました。
ちょっと感動的しつつも最後にオチをつける辺りは前作のEDと同じ感じですねw


んで前作と同様にクリア後のやりこみモードに入ったお知らせが表示されましたヽ^シ'ω')ノシ

ちなみにそのときのセーブデータはこんな感じ。

右上の王冠マークがクリアの証です。

パーティーは、エンデ、アリオン、カバネ、ぐーりん、レジーナという構成がメインでした。
レベルはサブメンバー育成時にも参加させていたレジーナだけ突出していますが、メインメンバーは見事に平均80ですね。
クリア時間は約66時間。
ゆっくりプレイした割にはそれほど時間が掛からなかったかな?


さて、これからはやりこみモードです。
まだクリアしていないクエストもあり、更に増えたものもあるのでやっていかないとね。
前作のように隠れたボスとかいる可能性もありますから楽しみですよ'`ィ(´∀`∩

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月05日

いよいよラストダンジョンに突入?

ダンジョンクルセイダーズ2。
「魂無き鋼たちの夢」の第3層からスタートです。
歩いてみると、どうやらここにはアイアンゴーレムは出ないようで一安心。
アイツだけは厄介ですからねぇ…。

そんなわけで楽々進んでいましたが、2階になると少々厄介な雑魚が出てきました。
その名はモルス。
防御が高い、属性耐性も高い、2回攻撃、致死攻撃あり、となかなか揃っていますからねぇ。
ですがアイアンゴーレムと違って2撃目までノーダメージということは無く、属性も耐性が高いとはいえ僅かながらでも攻撃が通りますのでぐーりんの魔法で状態異常を起こすことも可能。
なので致死耐性さえ上げておけばそれほど怖くは無かったですよ'`ィ(´∀`∩

んで4階まで進んでいよいよこの層のボスである、闇に堕ちたネイルと闇に堕ちたトゥースとの戦いです。
それで厳しい戦いになるんじゃないかと思いきや、特殊攻撃が大したことがありませんでした ̄|_|○
なにせネイルのサイレンスと麻痺攻撃が厄介なだけ。
トゥースのしてくる3連続攻撃は、防御さえ固めたら怖くなくなりますからねぇ(ノ∀`)

ただHPだけはやたらと高いので、本当にきつかったのはそこですね。
もうダラダラとした持久戦になるだけなので…。
カルディア戦もそうでしたが、HPだけ高いというのはダレるだけですからやめてほしかった_| ̄|○

というわけで長期戦を制してダスクウォーカー姉弟を倒しましたヽ('ヮ'*)ゝ
これでしばらくは休めるかなーと思っていると、カバネとのエロシーン後にモンスター乱入で強制戦闘に…。
つまり、ダスクウォーカー姉弟戦から休むことなく連戦です。
これはキツイ。

出てくるのはデスブレイドのみですが、ボスとの長期戦をして消耗しているところでの戦いはサスガに辛いですよ。
つーか、エロシーンなんていらないから休ませろと。
それか連戦が狙いなら、休めなくてもいいから気がそがれるエロは挟むなと言いたい。

ともかく消耗状態での連戦で大変でしたが、合間合間でクイックセーブが使えたからまだ助かったです。
そのおかげで何とか全て倒しきることが出来ました。


そして次のダンジョンは「夢路の果て」。
どうも先ほどの襲撃イベントからすると、多分ここがラストダンジョンでしょう。
ダンジョンの名前からしてそんな感じだしね。

そんなわけで気を引き締めて歩き回っていると、アイアンゴーレムと同じ特性を持ったレアメタルという敵が出てきました。
これまた大変なんじゃないかと思いましたが、メンバーのレベルアップや、クエストで手に入れていた貫甲石(防御力無視の攻撃)のおかげで意外といけちゃいました(っ´▽`)っ
ようやくゴーレムも恐れるに足らない存在となったのでもう怖いもの無し。

あとはもう雑魚をなぎ倒しながらせっせとMAP埋め。
しかしこれがまた広いこと広いこと。
それでいて落とし穴も沢山あるから一筋縄ではいかず、今回だけでは踏破仕切れませんでした_|\○_

果たしてここが本当にラストダンジョンなのか、それはまた後日の探索でわかることになるでしょう。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2009年01月03日

階層ボスよりも強いアイアンゴーレム

ダンジョンクルセイダーズ2。
「煮え泡立つものたちの夢」の第3層からスタートし楽にクリアです。
するとエンデが戻ってきて再び仲間が揃いましたよ(っ´▽`)っ

て、パーティー構成はどうしましょう?
カバネ、ぐーりん、レジーナは決定ですが、残り2枠を誰にするか…。
あれこれ悩みましたが、結局無難にエンデとアリオンに決まりました。
優秀な肉壁と、そこそこ攻撃&防御があるサブヒーラーが、上記3キャラとの組合せとしては合っているんじゃないかと思ってね。


そんなわけで、次のダンジョンの「魂無き鋼たちの夢」の第1層に挑戦です。

少し歩いただけでわかりました。
このダンジョンはキツイ!

まず何といっても出てくる敵。
特に弱点も無く、それでいて状態異常の効かない光&闇の精霊が厄介です。

しかしそれ以上に大変なのがアイアンゴーレム。
2撃目まではダメージが通らないタイプの敵というだけでも厄介なのに、更にキツイことに属性攻撃が全く効かないという酷さ_| ̄|○
2撃目までノーダメージというだけならカバネの七刀乱舞でどうにでもなるのですが、属性攻撃もノーダメージではそれもできません…。
当然ぐーりんの攻撃魔法も効かないので地道に削るしかできないのに、ゴーレムというだけあって防御が高いから長期戦は必至。
そんでもって向こうの攻撃力が高いから回復役はフル稼働。
そうすると攻撃できるキャラが減るので、2撃目までノーダメージという特性からほとんどダメージを与えられずにジリ貧となってゆっくり死ぬハメに ̄|_|○

そんなわけで、いつ全滅してもいいように中断を使ってこまめにセーブしながら探索をし、ようやくボスのところまで辿り着きました。
ここのボスはギガス。
アイアンゴーレムと同じく2撃目までノーダメージというタイプの敵ですが、属性攻撃が効くというだけでかなり楽でしたよ。
なのでカバネの七刀乱舞やぐーりんの攻撃魔法でガンガン押していって楽勝です'`ィ(´∀`∩
…この層のボスのギガスよりも、雑魚のアイアンゴーレムの方が強いって一体('A`)


続く第2層もアイアンゴーレムに苦戦しながらも進み、やはりボスのジルニトラは楽勝で撃破(ノ∀`)
っていうか、第2層はえらくあっけなかったですねぇ。
第1層と比べてマッピングもしやすいMAPでしたし。
まぁ、第1層の2階のような移動床ばかりのMAPが続いても困りますけどね ̄|_|○


さて、次は第3層となるわけですが、またまたアイアンゴーレムが出てくるのかどうか…。
これだけが不安の種です_|\○_

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2008年12月31日

神経を使う同ターン撃破

ダンジョンクルセイダーズ2。
そんなわけで、「狂乱の太陽」と「絶望の月」に勝てるようにレベル上げ。

ですがベストメンバーでやるのも勿体無いと思い、レベルの低いサブメンバーで組んでひたすら敵を倒しまくっていました。
これからどんなことが起きるかわかりませんですし、全体の底上げはしておいて損はなさそうですからね。
「夢破れしものたちの牢獄」のようなことが再びあってもおかしくありませんので…。

そして一番の目当てのシルヴィアが5つレベルアップして、レベル47になったところで切り上げです。
このぐらい上がれば十分でしょう。
ブーストマインドも全体化になったことだしね。


んで「煮え泡立つものたちの夢」の第1層に潜り、「狂乱の太陽」と「絶望の月」との再戦です。
魔氷石とアイテムで属性耐性を上げ、ブーストマインドで更に補助。
これで挑んでみたところ、向こうの攻撃が全然痛くなくなりましたよ'`ィ(´∀`∩
ただ、耐性上昇アイテムの効果は1つしか出ないのか、先に使った耐火の種の効果がなくなってしまいましたけどね。
それでも片方だけなら回復が十分に追いつきますから余裕です。

でもこの敵の難点は同時に倒すということ。
攻撃を緩めたりしながら微調整していましたが、不意に良い当たりが出てビックリすることも…。
なんとか再生されること無く同ターン撃破できましたけど、こんな神経を使う戦闘はコリゴリです_|\○_
数値化されていませんので、敵の残りHPとか判断しにくいですからねぇ。

とにかくこれで第1層はクリア。
以降はスムーズにいき、第3層の途中まで進みました。
第2層で出てきた「闇に堕ちたエンデ」も問題無く倒せましたからね。
また戦うことになりそうですが、この分なら次もすんなり倒せることでしょう。
それでエンデがまた戻ってくるのかどうか…どうなるのでしょうね?

19:06 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]

2008年12月30日

仲間が揃うもすぐにワンカケ

ダンジョンクルセイダーズ2。
「凍てつく息吹たちの夢」の第2層をクリアすると、最後の仲間が加入しました。
まさかナーダが仲間になるとはなぁ。

しかし例によってレベル1での加入なので、このままでは弱いどころか使えません。
ということである程度までレベル上げです。

んでレベル上げしやすいと感じた「凍てつく息吹たちの夢」の第1層で試したところ、思ったとおりやりやすかったですね。
なので入り口付近の移動床の反射を利用してレベル上げ。
すると楽にナーダはレベル30に、シルヴィアとロゼはレベル40前後になりました(っ´▽`)っ

とりあえずこんなもんでいいだろうと切り上げ、本編を進めることにしましょう。

そして「魂無き刃たちの夢」の第1層に入ってみると、ここでシナリオが一気に進んできましたよ。
不穏な動きを見せていたベルナス騎士団が登場し、その結果エンデの霊合成が解かれ、しかも連れさらわれるという事態に!


ここで第4章に突入。
気付いたら他のメンバーともバラバラになって、アリオン一人で迷宮に立っていました。
しかもダンジョンも変わって「夢破れしものたちの牢獄」になっているし…。

んで、敵を倒しつつとにかく歩き回ってみると、少しずつ仲間が戻ってきたのでこれで戦闘も安心。
…と思ったのも束の間、パーティーからあぶれる人数になると、先に戻ってきたキャラから押し出されていってしまうじゃないですか ̄|_|○
ダンジョンの中だから編成も出来ないのでこれには参りました。

なにせ最後はロゼ、ナーダ、シルヴィアといった、シナリオ途中から仲間に加わったキャラが残ってさぁ大変。
先ほどある程度レベルを上げておいたとはいえ、まさかこんなにも早くに出番となるとは思いませんでしたよ。

そんなわけでベストメンバーじゃない分ボスには苦労しましたが、何とか倒して「夢見人の街」に到着です。
街についたのはいいけど、結局エンデは戻ってこないんですね。
せっかくの肉壁が…_| ̄|○


そしてエンデが抜けた穴をどうしようかしばらくパーティーを試行錯誤です。
といっても壁が出来そうなのはアリオンぐらいしかいないんですよね。
だからそれは早くに決まったのですが、問題はアタッカー要員。
アリオンのように動ける人が他にはいないので悩みましたよ。
ロゼ、ミリア、シルヴィア、ナーダはどれも敏捷や防御が低いので使えませんからねぇ。

ですが、とりあえずシルヴィアでいくことにしました。
防御に難ありですが、三属性の魔法が使える分攻撃力は他よりも抜けていますからね。

ということで、新パーティーで「煮え泡立つものたちの夢」の第1層に潜ってみました。
すると今度は火属性の敵ばかりなので、シルヴィアの冷属性魔法が大活躍ヽ^シ'ω')ノシ
ぐーりんとの魔法の競演で雑魚も怖くありません。
…まぁ、レベルの低さもあって防御が低すぎるので、先手を取られると戦闘不能になることもありますけどね(ノ∀`)

んでしばらくしてこの層のボスの、狂乱の太陽と絶望の月との闘いに。
そして各個撃破を狙って太陽から倒してみると、次のターンには全快で復活 ̄|_|○
なるほど、ひょっとして同時に倒さないとダメとかいうやつですか?
壁のメッセージに「時同じくして〜」とか書かれてありましたしね。

なので同時に倒せるように調整してみましたが、これがまた大変。
各個撃破できないからその分攻撃を喰らうのでシルヴィアが戦闘不能になりやすいです_| ̄|○

…シルヴィアのレベルを上げて出直せということですか。そうですか_|\○_

23:59 | コメント |     カテゴリー [ ダンジョンクルセイダーズ1、2 ]