■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ
夜明け前より瑠璃色な、MC 1ページ目

2011年12月30日

明け瑠璃漫画ついに完結

今日は床屋に行った後、本屋へ行ってきました。
というのも、脳みそホエホエさんの「夜明け前より瑠璃色なMC」の第3巻が出ているらしいですからね。
…しかも2か月前に ̄|_|○
脳ホエさんのHPやブログはチェックしていましたけど、告知が無かったのでまだかと思っていましたよ…。

そんなわけで買いに行ったのですが、駅前の本屋は3か所行って全滅_| ̄|○
やはり発売から2か月後というのは大きな出遅れですね。

なので普通の本屋は諦めて、駅から少し離れたゲーマーズに行くことに。
するとサスガですね。
表紙を向けて棚に陳列されているほどでしたよ。
しかもゲーマーズオリジナル特典の、脳ホエさん描き下ろしのイラストカード付で(っ´▽`)っ

餅は餅屋と言いますか、こういった系統の本にはアニメ系の店は強いですねぇ。
ここまで足を運んで良かったです'`ィ(´∀`∩


そして早速買って読んでみました。

………
……

これは良い!
エステルの可愛らしさが良く描かれていて、エステル好きにはたまらない内容ですよ。
ゲームのMCのラブラブ状態がより伝わりましたからね。
それにゲームでは描かれていなかった、その後の婚約のことなんかもあったのは良かった。
あとリースやさやかも良い味を出していて、読んでいて本当に楽しめました。


これにて明け瑠璃のコミカライズも完結。
なんだか寂しいですね…。

再び明け瑠璃のゲームが出れば復活もあり得るかもしれませんが、既にMCで”エンディングのその後”を見せてしまっているだけに難しい気がします。
ですが、フィーナとエステルだけはまだ出来そうな感じなんですよねぇ。
MCのフィーナは無印明け瑠璃のエンディングを補完しただけですし、エステルはお互いに結婚の意思があることが分かっただけで実際にできたかどうかは描かれていませんので…。
それに一番重要な月と地球の交流復活が不明なままですし…。

でも、フィーナやエステルのさらにその後があれば絶対に必要になってくる部分なので、ここに望みをかけたいところ。
明け瑠璃単体では難しくても、オーガストファンBOX2みたいな感じで他作品と一緒のFDならいけるでしょう。
明け瑠璃(MC含む)、FA、穢翼、と3作品分あれば出してきても不思議じゃないですからね。

次に新作の大図書館の羊飼いが控えてはいますが、その次辺りに過去作のFDでも…と期待しています_| ̄○ノ

電撃コミックス 夜明け前より瑠璃色な-MoonlightCradle- (3)
電撃コミックス
 夜明け前より瑠璃色な -MoonlightCradle- (3)
作画:脳みそホエホエ、原作:オーガスト

21:56 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2011年02月28日

エステル、デレのターン!?

今日は脳みそホエホエさんの単行本「夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle」の第2巻を買ってきました。

早速読んでみると、第1巻で仲が進展してきただけあってエステルがついにデレが出てきましたね。
単行本の帯に「エステル、デレのターン!?」と書かれているだけはありますw

特に海の話は良かったです。
ゲーム本編でもあって1枚絵もありましたが、漫画になって1コマ1コマその様子が描かれていると、その状況がさらに伝わってきますからね。

この後になると月と地球の生まれの違いで葛藤したり、それどころじゃないことになりますけど、素直にデレるまであと一歩ですね。
…しかし第2巻は出生の秘密から立ち直ったところで終わっていて、続きは第3巻に。
第2巻が出たばかりではありますが、第3巻が待ち遠しいですよ'`ィ(´∀`∩

やはり収録が5話分は短いですねぇ…。
第1巻発売から1年2ヶ月経って第2巻ですから尚更ね。
とはいえ、漫画が掲載されている「電撃G's Festival! COMIC」の刊行速度を考えると仕方が無いのですが…。


そういえば、脳ホエさんがブログで書いていたことがわかりましたよ。
この「おまけ」には笑わせていただきましたw
確かにFAも”礼拝堂”でしたからねぇ。
なかなか良いネタを仕込んでくれますね(っ´▽`)っ

次の第3巻も、1コマ漫画も込みでどんなネタを入れてくるのか期待してしまいますよ。
本編も含めて楽しみにしています'`ィ(´∀`∩


電撃コミックス 夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle- (2)
電撃コミックス
 夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle- (2)
作画:脳みそホエホエ、原作:オーガスト

21:11 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年12月23日

明け瑠璃漫画再び

脳みそホエホエさんのコミック「夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle」の第1巻を買ってきました。
帯によると、今回のヒロインがエステルということなので楽しみですよヽ^シ'ω')ノシ

そんなわけで早速読んでみることに。

………
……

これは良いわ〜。
エステルの良さが出ていて、読んでいるとなんだか和んできますね。
…まぁ、まだ第1巻ということでツンばかりですけど(ノ∀`)
それでも礼拝堂の見学会の打ち合わせ場面で、徐々に打ち解けている様が描かれていて良い感じになってきていますからね。
これからが楽しみということろで第2巻に続くのがなんという焦らしなんでしょうw

それでストーリーはほぼ原作通りなのですが、所々にアレンジが入っていてそれがまた良いんですよね。
ペットショップで麻衣が菜月と翠に拉致られる場面なんかは笑いましたw

そして前の夜明けな漫画にもあった、話と話の間に入るひとコマ漫画も健在で面白かったです。
「ループ物じゃないから忘れてください」とか、「オレやっぱり姉さんのこと…!!」とかw
特に後者のは、さやかさん好きである脳ホエさんらしさが出ていますよね(ノ∀`)

それと3つある特別編もどれも良かった。
中でも達哉と出会う前のエステルの話は、短いながらもエステルらしさが出ていて楽しかったです。


やっぱり脳ホエさんの漫画は良いですね〜。
今作も期待を裏切らない作品でした。

早くも第2巻が待ち遠しいです。
多分次が最終巻になると思いますが、どこまで描かれるのでしょうね。
タイトルにMCとついているので、お互いが結婚について考え始めるとこまでは描かれると思いますが、できればその先も期待したいところです。
前作ではゲームには無かった菜月との結婚までを描いたのですから、今作もゲームには無いエステルとの結婚まであっても良いんじゃないかなぁと。

…ただ、エステルとでは月と地球の問題もありますので難しいかもしれません。
それにそこはゲームのファンディスクなりで見られるであろうととても期待していますので、漫画で細かく描かれない方がよりゲーム化の期待ができますから、この漫画では見たいような見たくないような…そんな感じです ̄|_|○

となると、数年後とかで一気に時間を進めて過程を飛ばすのが良い方法かも?
やっぱりエステルには幸せになって欲しいので、中途半端で止めておくのはかわいそうですからね。

どのような結末になるのか、今から楽しみですねヽ^シ'ω')ノシ

電撃コミックス 夜明け前より瑠璃色な-MoonlightCradle- (1)
電撃コミックス
 夜明け前より瑠璃色な -MoonlightCradle- (1)
作画:脳みそホエホエ、原作:オーガスト

22:18 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年08月28日

スタッフ対談で知った隠し要素

オーガスト&ARIAから残暑お見舞いが届きました(っ´▽`)っ

小冊子の春号も夏号も明け瑠璃MC発売後ということもあって、マンガはどちらも明け瑠璃でしたね。
特に夏号はエステルの話でしたのでとても良かったです'`ィ(´∀`∩
ていうか、頬に手を当てているカットはかなりグッと来てしまいましたよ。
切なさがよく現れていて良すぎです。


そして、春号の最後のスタッフ対談では気になることが書かれていました。
というのも、MCの翠ルートEDのスタッフロール絵が、シンシアED後には変わっているとのこと。
そんな隠し要素があっただなんて知りませんでしたよ( ̄□ ̄;

ってなわけで、それを見るべくMCをインストール。
バックアップしていたセーブデータを使って翠ルートを終わらせてみました。
すると、確かにトランペットを吹くシンシアが追加されているじゃないですか!
よく考えたら思いつきそうですがこれは盲点でしたねぇ。

5ヶ月遅れとなりましたが見られてよかったです。
べっかんこうさんがお気に入りというのも納得の絵でしたよ。


さて、新作の発表まではあと少しということらしいので、秋には発表されることでしょう。
…そうなるとドリパ辺りかな?
次はどんな内容となるのか楽しみですねヽ^シ'ω')ノシ

21:43 | コメント |     カテゴリー [ オーガスト小冊子 ] 、 [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月13日

夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle- 完

明け瑠璃MC。
シナリオが全て終わったことだし、まずはセーブデータのバックアップ。
もちろん「夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-」及び、逆移植版の「夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue for PC-」の両方をね。
まぁ、MCではあまり残しておく必要は無さげですが一応ということで。


では、今日は購入時の特典を見ていくことにしましょう。
真っ先に見るとネタバレになりそうなので回避していたんですよねー。

んで、まずは予約キャンペーン特典から。
これは紙製のカレンダーと、壁紙&データ集の「瑠璃色マテリアルCD-ROM」の2点。
カレンダーは飾ろうとして開封してみたところ、2009年1月〜12月の12枚組みでした。
これはちょっと…。
発売日が2月27日でしたから、せめて1月と2月は来年のにして欲しかった。
2枚損した気分でちょびっとガッカリです。

でもCD-ROMの方は良かった。
壁紙や音声はモチロンのこと、立ち絵やイメージイラストも収録されていたのは嬉しいね。
特にフィーナとエステルの2ショットのものは壁紙にしたいと思っていましたので。
まぁ、それはイメージイラストなので壁紙サイズではないのですが、この辺りは自分で変えてしまえばOKなので問題無しですね。


次にソフマップ特典の、シンシア携帯クリーナーとフィーナシーツ。
携帯クリーナーはいいとして、シーツはホントどうしましょうか…。
とりあえず開封して広げてみたけど、シーツだけあってデカイ!
でもどうすることも出来ないので、そのまま袋にしまってしまいました ̄|_|○
…やっぱり布物は取り扱いに困りますね。


続いては初回版特典の、コースターと設定資料集「Moonlight Chronicle」です。
コースターはコースターなのですぐに設定資料集を読んでみました。
すると裏話的なことも書いてあって面白かったですねー。

で、最後にスタッフからのコメントが書かれていたわけですが、明け瑠璃は企画から7年も続いていると知ってビックリです。
まぁ、元のPC版の発売が2005年ですから、そのぐらい立っていても不思議ではないんだけど、改めて書かれると驚いてしまいますね。
ですがこれだけ続くということは、それだけ愛されている作品であるということ。
MCにしたって、「オーガストファンBOX」のような過去作ひっくるめてという形ではなく、「夜明け前より瑠璃色な」単体での作品で発売されたわけですからね。

そして巻末に「明け瑠璃の世界はこれで一段落」と書いてあり、それを見て寂しくなってしまいました。
公式の作品概要にも「「夜明け前より瑠璃色な」の最後を飾るソフトとして〜」と書いてありますし、やっぱり「夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-」でラストなのでしょうか…。

確かに描かれていなかった部分を出し尽くした感じがありますが、それでも昨日書いたようなフィーナと結婚後の二人の奮闘振りとか見てみたいですよ。
あとは設定資料集で希望論的なことが書いてあったカレン攻略とかも、スタッフが書くぐらいですから要望があるハズ。

単体での発売が難しくても、ファンディスクに収録されるという形でも「明け瑠璃」の世界が続いてくれることを願います。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月12日

全シナリオクリア。爆発もあるよ!

明け瑠璃MC。
さて昨日本編も終わったことなので、今日はおまけシナリオをやっていくことにしましょう。

んで片っ端からやっていくと、お笑い系のものはシナリオが短いながらも笑わせてくれますね。
菜月のなんて耽美な世界が繰り広げられてるしw

ですが、このおまけシナリオでも本編の補完となっているのもいくつかありますから、おまけといえど気が抜けません。
麻衣やカレンのシナリオとかね。
でもそれが良いアクセントとなっているので、ただお笑い系だけでまとめられるよりかは楽しめますよ。


そして14個のおまけを全てクリアしてみたところ、「Message from heroines」というものが追加されているじゃないですか!
早速選んでみると、MC全シナリオクリアということでメイン及びサブヒロインのメッセージが聞けましたよヽ^シ'ω')ノシ
それに明け瑠璃の世界がこれで一旦終わりですので、今までありがとう的な挨拶もあったりしました。

本当に「一旦」なのか、それとも…。
明け瑠璃は今作で更に好きになっただけに、まだまだ続いて欲しいところです。
これだけ全てのキャラクターが立っているゲームですから、たった2作でおしまいでは勿体無い。

MCでアフターストーリーもやってしまったので次のネタが難しいですが、でもまたその後の話があっても良いんじゃないかとw
それにアフターといえど、フィーナルートが今回でも結婚式までしか描かれていませんので…。
なので、主人公が王家に入ってどういうふうにフィーナをサポートして、結果月と地球の友好がどこまで進展し、「セフィリアさんやったよ!」といったものも見てみたいですよね。
フィーナとの結婚はゴールでもあり、新たなスタートでもあるのですから。

ファンBOXの一部でも良いので、また明け瑠璃の世界を味合わせてもらいたいものです'`ィ(´∀`∩


それと、本当の最後に恒例のものをやってみました。
ええ、「提供はオーガストでお送り致しました」のアレねw
まさかの最終回宣言も飛び出しましたが、ちゃんとオチをつけて恒例の爆発で締め。
ってか、今回のは非常に苦しかったですねぇ(ノ∀`)

でも用意されていてなんだか安心しましたw
逆移植版はPS2版のベタ移植だけあってありませんでしたからねぇ。
やっぱり爆発を見ないと終わった気がしませんね(・ω・)


さてこれでMCは終わったわけですが、プレイしてみた評価は満足ですよ(っ´▽`)っ
作品の形式上、前作の「夜明け前より瑠璃色な」のプレイが必要だけど、逆移植版と同梱のプレミアムエディションが用意されていますので、こちらを購入すれば未プレイでも大丈夫。
前作をプレイ済みの人でも、元のPC版しかやっていないのならばプレミアムエディションをオススメしたいですね。

プレミアムエディションは高いように思えますが内容的に損はしません。
逆にスタンダードエディションだと高く感じてしまうでしょう…。

それでMCは前作の後日談や語られていない部分の補完をしてくれる内容ですので、より深く「明け瑠璃」の世界を知ることが出来て面白いです。
しかも前作で攻略済みキャラの後日談だけあって最初からラブラブ状態ですから、プレイしているこっちが照れるぐらいのイベントばかりで嬉しいやら恥ずかしいやら。
別れの危機とか一切無いので、純粋に各ヒロインとの熱愛ぶりが楽しめて最高ですよ'`ィ(´∀`∩
これを味わうだけでも買う価値があるというものです。

ただ、キャラ選択から始めるので、共通ルートが無い分一つのシナリオが短く感じてしまいます。
別にエッチシーンじゃなくてもいいので、それぞれもう一つぐらいイベントがあった方が良かったですね。
そこだけがマイナス。
しかし、もし共通ルートがあったところで2周目以降はスキップしてしまう人も多いだろうし、それを考えれば無駄に長くなくて良かったとも思えます。

そんなわけでトータルで考えると満足のデキです。
5段階評価で4。
大満足に届かなかったのは上記のマイナス部分がね…。
それでも十分楽しめたので、買って良かったゲームとなりましたヽ^シ'ω')ノシ

「明け瑠璃」ファンでも、未体験な人でも、是非プレミアムエディションを手にとってプレイして欲しい作品です。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月11日

明け瑠璃MC本編クリア

明け瑠璃MC。
さぁ、いよいよ新キャラのシンシアルートに突入です。

ということで早速ゲームスタートからシンシアを選んでみると、そこには他のキャラとは違った表示が…。
今はまだネタバレになるので書けませんが、これまでのような「あなたの隣にいたのは〜」ではありません。
まぁ、シンシア自体に出会っていないので、考えてみれば当たり前なんですけどね。

なので出会いから始まるわけですが、初めは主人公同様に「?」でした。
だけど、直後にシンシアからいろいろと説明を受けてこの状況がやっと理解できました。
なるほどねー。
これまた詳しくは書けませんが、確かに新キャラを追加するとなるとこうでもしないと難しいですからね。
…でも、ここまでしてキャラを増やした意味は何でしょう?

そんな疑問を持ちつつもストーリーを進めていくと、それはすぐにわかりました。
それは前作のフィーナ真ルートの補足。
しかも重要なことの説明のためでした。
ま、シンシアの苗字がマルグリットということから、なんとなく予測は付いてはいましたけどね。

ってなわけで、シンシアをプレイする上で前作のフィーナ真ルートは外せません。
それと小ネタ的に前作…それもPS2版(逆移植版)のオマケもクリアしておくとベスト。
MCでもプレミアムエディションの方を買って本当に良かったと思いました'`ィ(´∀`∩

そしてシンシアルートをクリア。
フィーナ真ルートの補足だけじゃなく、シンシア自身の話もなかなか良くて楽しめましたよ。


んでタイトル画面に戻ってみると、ゲームスタートの上に「Moonlight&Earthlight」の文字が!
これは前作のフィーナ真ルート「夜明け前より瑠璃色な」と同様の表示法…。
つまり今回のメインシナリオ、フィーナの話ということでしょう。

そんなわけでプレイしていくと、やはりフィーナルートでした。
前作ではいきなり結婚式まで飛んでしまいましたので、今回はその間の話を補足のようですね。
いくらMCがアフターストーリーといえど、サスガに8年もすっ飛ばした結婚式後ではやっぱり飛びすぎですからねぇ(ノ∀`)

なので婚約状態だからそれはもうアツアツですよ。
みんなからからかわれるぐらいにw

んで話はPS2版(逆移植版)がベースなので、それを元にしたストーリー展開。
あとは先ほどのシンシアルートも含んでシナリオが進んでいき、最後は良い演出で締めてEDとなりました。

個人的にフィーナが一番のお気に入りキャラなので少々物足りなく感じましたよ。
それでも他のキャラと変わりが無いボリュームはあるんですけどね…。
好きなキャラをもっと堪能したいというのは当然の欲求ですよね(・ω・)


ともかくこれでフィーナルートをクリア。
スタッフロールに「Moonlight Cradle - Final Chapter」と出てきたので、本編は全て終わったようですね。
まだおまけシナリオが未着手ですが、それでもここまでで大満足のデキでしたよ。
明け瑠璃の世界にもっとハマることが出来ました。

それだけじゃなく、各キャラのラブラブ状態にすっかりメロメロですよ(ノ∀`)
このアフターストーリーはホント破壊力が高すぎ。
前作でラブラブで終わったところを、更にそのまま続けられるというのがここまで危険だとは…。
つまり攻略済みなわけですから、まさに「最初からクライマックス!」。
もう何回悶えたかわからないぐらいですw

果たしておまけシナリオもこうなのか、それとも前作のようにお笑い路線でくるのか、…。
どちらにしろ油断なりませんね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月10日

エステルルートでニヤニヤが止まらない

明け瑠璃MC。
今日は残りのエステルを選んでプレイ開始です。

で、シナリオを進めていったわけですが、前作で物足りなかった部分が大幅に補完できて良い内容ですよ。
前作はストーリーがシリアスでしたので、なかなかラブラブ状態になれなかったですからねぇ…。

それがMCではその鬱憤を晴らすかのようにラブラブしまくり。
もう全編を通してニヤニヤが止まりません(ノ∀`)
豊かな表情とか、照れ屋なところとか、エステルの良い部分が存分に出ているので本当に楽しめます。

前作の時も感じたのですが、エステルはスタッフに愛されているなぁと思いました。
今回のEDも「こうきたか」という内容でしたからね。

まぁ、明け瑠璃のテーマ「家族愛」の次にベースとなっている「月と地球の友好」を表すにも適任のキャラですからねぇ。
PS2版(逆移植版)からエステルが加わったことによって、フィーナは王家から、エステルは教団からと、2つの歩み寄り方をプレイヤーに見せることができましたしね。
そんな意図もあって、MCの広告に2人を抜擢したんじゃないかと思います。


さて、これで初期の7人が終わりました。
何か変化あるんじゃないかと思ってゲームスタートを選んでみたところ、そこにはシンシアが追加されていましたよヽ^シ'ω')ノシ
やはり全キャラクリアがトリガーだったようですね。
フィーナはまだ出ていませんが、シンシアをクリアしてからというのは想像するに難しくありません。

新キャラのシンシア、そして明け瑠璃の中心人物のフィーナ、いよいよMCの本題に突入ですね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月09日

MCのMは悶えるのM

明け瑠璃MC。
昨日に続いてあまり教団に関連が無さそうなキャラを…ということで麻衣を選んでみました。

まぁ、麻衣は関連が無いけど気になっているシナリオだったりします。
それは、逆移植版のときにも書きましたが、フィーナ真ルートのEDで講師の道に進んだとなっていましたからね。
MCの翠ルートでもそんなことをチラリと言っていましたし。
なので、もしかしたらその辺りのことがわかるんじゃないかと…。

んで結論から言うと、知りたかった動機は特に言及されていなくて残念でした。
ですが、ストーリーは良かったので満足です'`ィ(´∀`∩
麻衣らしさがふんだんに出ていたシナリオでしたからねー。
おかげで少しやられそうになりました(ノ∀`)

次にさやかを選択。
するとこれまた悶えてしまうような良い話で満足ですよ。

さやかのシナリオも先ほどの麻衣のシナリオも、キャラの良い部分を上手く出していますね。
おかげでラブラブ状態が十分に堪能できました(っ´▽`)っ


そして残りはリースとエステル。
どちらも教団と関わりがあるキャラですが、深いのはリース。
なのでエステルからと思いましたが、翠のEDを思い出してリースから手をつけることにしました。
というのも翠のEDが特殊でしたので、同じくPS2からヒロインに入ってきたエステルも特殊な可能性が大。
そんなわけで後に取っておくことにしたわけです。

んでリースルートを進めていくと、思ったとおり他のルートへの複線が用意されていたシナリオでした。
やっぱり最後にしておくべきだったかなぁとサスガに考えはしましたが、選んでしまったのは仕方が無いのでそのままクリア。
謎が気になって仕方がありません/(^o^)\

そんな状態でもゲームスタートで選べるキャラに変更が無かったので、どうやら全員クリアしてから次が開放されるシステムのようです。
ま、前作もそうでしたから当然といえば当然。
ともかく新キャラやフィーナは残りのエステルをクリアしてからということですね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]

2009年03月08日

明け瑠璃MCは前作のエンディングからスタート

明け瑠璃MC。
さて、いよいよ新作のMCに入ります。
ということでゲームスタートを選んでみると、いきなりキャラ選択画面が出てきました。

キャラの絵が前作のED付近のものばかりなので、どうやらそこからスタートされるということなのでしょう。
つまり既に攻略済みの状態で、前作のEDの続きからの話からスタート。
だから選択画面で選べるようになっているというわけですね。

なので、とりあえずはお気に入りのフィーナから始めたかったのですが、残念なことに選べませんでした…。
やはり明け瑠璃はフィーナが中心のゲームなので、核心部分は後のお楽しみって感じですか。

そうなると、関連するキャラも後に残しておいた方が流れ的に良いかもしれません。
そんなわけでミアから始めることにしました。
ミアは月人とはいえ地球に残っているので、教団には関わりなさそうですからね。
前作(逆移植版)のフィーナ真ルートEDで左門に勤めるようになったとか書いてあったぐらいだし。


んでプレイしてみると、ホント前作のEDの続きからでしたよ。
まさにアフターストーリーというにふさわしい内容。
一昨日までの復習がここまで役立つ話になっているとは思いませんでした。

それで最初から個別ルートに入っているからなのか、シナリオは短めで終了。
どうやらMCは前作を補足するファンディスク的な内容なんですね。
クリア後に表示されたおまけシナリオの枠を見てみても、ヒロインの人数以上の数が用意されていましたからねぇ。

でもこの方法はなかなか良いと思いました。
大抵のゲームの流れは「通常ルート→恋の芽生え→アクシデント→結ばれる」ですので、どうしてもラブラブ状態が短めで終わってしまいますからね。
それがMCのようにアフターストーリーを出してもらえると、そのラブラブ状態からスタートになるので最初から無駄がありません。
これはファンにとっては嬉しいですよ'`ィ(´∀`∩


そんなわけで前作を思い出しながら、ミアに続いて菜月と翠のアフターストーリーを楽しんでいきました。
一本が短めですからサクサク進んで良いですね(っ´▽`)っ


しかし、それでもまだフィーナルートが出てきません。
それと新キャラのシンシアも。
ですが、この辺りは今作の中心みたいなので、前作の真ルートのように最後の最後までおあずけといったところなのでしょう。
早くフィーナに逢いたいけど、しばらくは我慢ですね(´・ω・`)

23:51 | コメント |     カテゴリー [ 夜明け前より瑠璃色な、MC ]