■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ
エロゲー(未分類) 1ページ目

2017年01月19日

えみりーヒットミー

キミの瞳にヒットミー」の体験版をプレイしてみました。というのも、先日の電脳妄想開発室を見てちょっと気になりましたからね。

ゲーム紹介を見て”設定とか面白そうだなー”とは思うぐらいには興味を示していたのですが、その後のOPムービーで”えっ!?”とビックリするものが見えてしまったもので…。
それは主題歌のテロップで上間江望さんの名前が見えた気がしたからなんですよね。
なので調べるべく公式サイトを見てみたらその通りで、えみりーが主題歌を歌っていました。

しかも驚いたことに、桐原歩鳥役で出演もしているじゃないですか( ̄□ ̄;
CERO:D声優から一歩先に進んでいてビックリですよ。
…まぁ、攻略はできなそうな役なのでR-18声優まではいかないようですけどね。


それでせっかく興味を持ったので体験版をプレイし、期間の3日目まで終了。
なかなか面白かったですね。
キャラがぶっ飛んでいそうな感じではあるものの実際はそうでもなく、不意に普通に戻るあたりの変化なんかが楽しくて、つい一気にプレイしてしまったぐらい。
これは購入を検討しなければいけませんね。
そう思うほど楽しく遊べたゲーム体験版でした。


それにしても、ホント偶然が重なってこのゲームにたどり着きましたねぇ。
きっかけは電妄とはいえ最近は見ておらず、手塚りょうこさんがゲストということで1年ぶりぐらいに見たという回でゲーム紹介。
そのゲームのOPにえみりーの名前を見つけ、思わず公式ページをチェック。
そして体験版をプレイしたら面白くて購入を検討…と。

これは引き寄せられたといってもいいかもしれません。
運命的な出会い…なのかな?
となると買うしかなさそうですねw

23:20 | コメント |     カテゴリー [ 声優(未分類) ] 、 [ エロゲー(未分類) ]

2016年08月28日

ADVなのが勿体無い千桃

「千の刀濤、桃花染の皇姫」体験版。 Ver.1.1
先週届いたオーガストからの残暑見舞いに同梱されていた「千の刀濤、桃花染の皇姫」の体験版をプレイし終えました。
2016年8月17日の記事:最後の残暑見舞い参照


その感想を書きたいと思います。

皇国が宰相の裏切りにより共和国に侵略されるところからスタート。
そこから皇国の再興を目指していくというものでした。
体験版ではその1年後の式典までで、しかも事件が起こって…というところで終了。
ここでは入っていませんでしたが、多分この後にオープニングムービーが流れるんでしょうね。


それでシナリオですが、これはかなり面白かったですね。
重めの話で戦闘シーンではややグロテスクな表現があり、オーガストらしい明るい雰囲気は全く無い内容。
ですがプレイしていくうちに話に引き込まれてこの先の展開が気になるほどでした。

しかし残念なのは、これをテキストを読むだけの”名ばかりアドベンチャーゲーム”で作ってしまったというところです。
天京からの脱出、輸送車の襲撃、武人街の侵入・脱出、朱璃の救出、と緊張の展開が目白押しなのに、読み進めていくだけで自然に解決。
このシナリオならアクションゲームやRPGの方が合っていたのではないでしょか。
どうしてもアドベンチャーで作りたかったのなら、ミニゲームを挟んだりしてあればまだ良かったですね。
最低限でも時限選択肢とか…。

なのに選択肢すら無いから、達成感も何もありません。
せっかくの展開なのにこれでは興ざめ。
非常に残念でした。


あと主人公の宗仁の声が落ち着きすぎているのも難点。
今作はヒロインを含め年齢はバラバラっぽいから統一しなくてもいいとはいえ、見た目と比べてもずいぶん低い声なのが違和感あります。
滸と幼馴染で翡翠帝の義兄ということから考えられる年齢差を考えると…ね。
もう少し若い感じが出ていて欲しかったかな。


そんなわけで、せっかくの良いシナリオが活かせていないようなものとなってしまっていて残念でした。
このシナリオなら、ちゃんと”ゲームらしい”遊べるものが作れたと思うんですけどねぇ。
勿体無いことをしましたね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2016年03月20日

ワイド化の弊害

アストロノーツ・シリウスの「ダンジョン オブ レガリアス」のゲームパート体験版をプレイしてみました。

先日の電妄での紹介で存在を知り、雰囲気がもろにアトリエかぐやの「ダンジョンクルセイダーズ」だったから気になっていたんですよね。
原画家も一緒ですし…w

それで調べてみたところシリウスは、かぐやのTEAM HEARTBEATのスタッフ一同が離脱して新たに立ち上げたブランドのようです。
やっぱりね。
レガリアスはダンクルを作ったスタッフと一緒だから似ていて当然ですね。


んでプレイしてみたところ、やっぱりダンクルでしたw
違いはワイド画面になり、迷宮がクォータービューになったぐらい。

それに”元々ダンクル3として出すつもりで開発していたんだろうなぁ”と思える部分も見受けられます。
というのも、街、探索、戦闘、ステータス、どの場面でも必ず右側にコマンド類を表示するスペースがあり、その部分を切り取るとほぼXGA(1024 x 768)サイズ。
本来ならダンクル3が出たであろう2010年辺りは、まだ4:3の画面サイズが主流でしたからね。


それでプレイ感は、上記のことがあだとなって使いづらいユーザインターフェースとなってしまっていました。

迷宮がクォータービューになったので探索は左側のマップをマウスで場所指定、しかし本来キャンプ画面として呼ぶ出すアイテムやスキルといったコマンドは右側に常設。
戦闘コマンドも右側。
なので探索や戦闘に切り替わるたびにマウスを左へ右へと移動させるというのはかなり煩わしかったです。

それと、装備やセットするスキルを変更する場合は、いちいち右側のアイテム欄からドラッグ&ドロップしないといけないのはうんざり。
せめて装備ぐらいはクリックだけで変更させてくれと…。

ワイド化によって生まれた余白を常設コマンド欄なんてものにしてしまった弊害があちこちに出ていました。


システムの話ばかりなってしまったので、戦闘の方も少し書いておきましょう。
ダンクルで不満だった逃げるコマンドが、1回選べばすぐ発動するようになったのは良かったです。
…できればオートとは離して置いてほしかったけどね。

んで、レガリアスでの不満は敵でしょうか。
シンボルエンカウントなのはいいのけど、倒したら消滅のためレベル上げするには街と何度も往復しなければならなかったのは面倒でした。
この体験版の迷宮は製品版とは違うため実際にはどうなのかはわかりませんが、雑魚と強敵の差が激しすぎてレベル上げの必要があったんですよね。
雑魚なんかは被ダメ0の超余裕なのに対し、強敵は2発で殺され余裕で全滅するほど。
なので強敵を倒せるようになるために、雑魚だけを倒しては街に戻るを何度も何度も繰り返し…。
強敵の強さをもう少し落として何とか倒せるレベルにするとか、雑魚を何度も湧かせてEXP稼ぎしやすくさせるとか、何とかしてほしかったですね。
希望としては、強敵の強さを下げる方で。
なにせこの体験版ではボスよりも強かったですからねぇ…。


さて、隠しボスも倒して一応クリアしました。
それで感想ですが、この体験版はRPG部分のゲームパートだけしか収録されておらず、迷宮も体験版オリジナルなので内容の判断まではできません。
ですが、UIの悪さはよくわかりました。
ダンクル1→2でユーザーからの不満に応えて改善した操作環境はどうしたの?と思うほど_| ̄|○

面白そうなのに、肝心のゲーム部分で大きな不満があるので購入は悩んでしまいます。
しかも、画面構成が主な原因だからバージョンアップでどうにかなる問題じゃ無く、今後に期待することも出来ないですからねぇ…。

21:46 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2015年10月16日

エルフ

エルフがゲーム制作から撤退するとかの噂が出ているようですね。
入れ替えの激しい業界なのでよくあることではありますが、老舗だけに気になるところ。
※東スポWeb:美少女ゲームメーカー老舗「エルフ」ゲーム撤退示唆か

確かにこの記事を見るとそうとも取れます。
そうでなければ、最新作のエンドロールにこれまで発売されたゲームの年表とか、「Thenk you for the last 27 years.」とか入れないですからね。

最近の動向を見るとこれも仕方が無いのかなという気がします。
エルフのブランドであったシルキーズに所属していた開発スタッフが、昨年シルキーズプラスとして独立した時点でもう長くはないだろうと薄々感じていましたし…。
しかも、その際にエルフの開発スタッフも一緒に移っていますからね。
そして作れる人がいなくなったエルフは次が続かなくなって…と簡単に想像できていました。


今回の噂についてエルフ広報は否定も肯定もしなかったようですけど、今後どうなっていくのでしょうね。

21:23 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2015年07月19日

SBプレミアムリゾート体験版

Sexyビーチ プレミアムリゾート」のキャラカスタム体験版が出たとのことなのでプレイしてみました。

んで早速キャラ作成。
すると、あらゆる所の設定が細かくできるようになっていてビックリですよ。
無双シリーズのエンパイアも真っ青の内容。
髪・目・鼻・口・顎なんかは当然のこと、頬骨・まつ毛・鼻筋・首筋・目のハイライト・肩・爪・ふくらはぎ、…等々。
もちろんエロゲだけにそういった部位も多数あり、それぞれ細かく変更が可能になっています。

各部の色もHSV(色相・彩度・明度)やRGBなどで自由に設定でき、ツヤの色や質感なども調整可能。
まるでグラフィックツールをいじっているかのように錯覚するほど凄かった。

とにかくいろいろな場所が細部まで設定できるのは素晴らしいの一言です。


ですからキャラメイクに夢中になり、気付いたら物凄い時間が経過していました'`,、('∀`)'`,、
1体作るだけでここまで遊べるだなんて驚きの体験版ですね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2015年02月28日

キャラ絵だけがねぇ…

イブニクルの体験版が公開されたのでプレイしてみました。キャラ絵が容姿も塗り方もあまり好きじゃないのですが、RPGとしてはどうなのか気になりますからね。

そしてゲームスタートしたのですが、ADVパートが長くて肝心のRPGが一向に始まりませんヽ( ´д`)ノ
結局RPGとして始まったのがOPムービー後。
ゲームスタートから30分ほど経っていました ̄|_|○

旅立つ目的やら初期のメンバーとの出会いを一気に詰め込みすぎでしょ…。
RPGのつもりで始めていたから途中でダレてしまいましたよ(;´Д`)


でもその後はちゃんとしたRPG。
操作はわかりやすく簡単で、エンカウント率は程よく、レベルも上がりやすく、でもちょっとでも早く先に進むと敵も強くなっていて…という良いバランスでした。

ただ、クリックだけでいいようにしてある親切設計のマウスカーソル自動移動ですが、カーソルを時々見失うのが難点。
コンフィグで自動移動を切ることも可能ですが、カーソル自体をWindowsと同じ矢印ではなくイブニクル仕様に形や色を変化してくれた方が見やすかったかなと思います。
マウス操作オンリーというのは別に問題無かったです。
よく使うメニューをショートカットに設定しておけば煩わしさもありませんでしたし、何より片手で気軽にプレイできるという点は大きいですからね。


そうこうして第一章も終わって体験版はここまで。
ですが十分ボリュームがありました。
ほぼ1日掛かりましたからね。

感想はRPGとしてはよく出来ていて面白かったです。
ADVパートもOPは長すぎたですが、そこ以外の話は面白くて続きの第二章が気になってしまうほどでした。

しかし難点はやはりキャラ絵。
容姿は見慣れたものの、色の塗り方は好きにはなれず、それに加えて顔や体が崩れている場面も多かったのでもうダメ。
ラミアスの槍を構えている時の立ち絵とか、第一章ラストの”あーん”している時のリッシュとラミアスの顔とか、所々にそういった残念な絵があってせっかくのイベントシーンも興ざめしてしまいました。


ということで、RPGはもちろんのことADVパートの話が面白くても、キャラ絵のせいでイベントシーンが楽しめなくては半減してしまうので、イブニクルは見送ることにしました。
RPGとしては本当によく出来ているので残念ではありますが仕方がありません。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2015年01月30日

懐かしの長崎旗男

アリスソフトで「地獄の広報室」というADV実験的なものが始まりました。
「ぶれブラ VS まなな」だったり「闇の日」だったりと、これまでやってきたテストの続きといったところでしょうか。
2014年10月31日の記事:ぶれブラ VS まなな 及び 2012年12月25日の記事:闇の日参照

さらに今回はアンケートを取っているので、それでADVの選択肢のテストを兼ねているのでしょうね。

…でも、そのテストで長崎旗男がMCから降ろされるかもしれないと思ったら不憫で仕方がありませんw
ちなみに自分は由女に1票投じました(ノ∀`)


それにしても、MCを大悪司から登用してくるとか懐かしすぎですね。
大悪司は難しすぎたゲームだったので悪い意味で印象に残っています。
これで地域制圧型シミュレーションには苦手意識を持つようになり、これ以降のSLGは全てスルーしていたほどのトラウマを植えつけられたゲームなので…。
昨年の「英雄*戦姫 GOLD」が本当に久しぶりのSLGでした。

一応克服したいとは思っているものの、その一歩がなかなか出ずにズルズルと。
ソフトはアリスソフトユーザークラブで購入した特別版(箱の裏側が少し違う)をまだ残してありますし、オフィシャルガイドブックも大悪司、鬼畜王ランス、ALICEの館4・5・6、と3冊並べて本棚に並べてあるのでいつでも取り掛かれるのですが…。
発売から14年経ってもこんな状態なので、もうずっとこのままでもいいかなとか思ってみたり ̄|_|○

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2015年01月21日

イブニクル

今日の「アリスソフトBlog」で次回作が発表されました。
その名も「イブニクル」。
フィールド探索型RPGということで楽しみです。

デザイナーズノートによると、世界地図をマップとして移動出来る大規模なRPGはアリスソフト初とのこと。
確かに言われてみればそうかも?
ランスも闘神もぱすチャもGAL島も、どれもダンジョン探索型でしたしね。

TADAさんによると
> ・ オーソドックスなRPGが好き
> ・ よーいちろーが作るキャラや物語が好き

上記に当てはまるならプレイしてほしいとのこと。

自分はどちらにも当てはまるため、ピッタリかもしれませんね。
でもイブニクルはキャラデザがよーいちろーさんではなく別の方なので、正直そこがネック。
CGを見ても”コレ!”というものが無いので…。
どらぺこ!の時と原画は同じ八重樫南さんですが、見た目・塗り方が変わってしまってイブニクルでは全然惹かれません(´・ω・`)

しかし、アリスソフトのRPGは久しぶりなのでプレイしてみたいんですけどねぇ。
このところタクティカルRPG(SRPG)やSLGが続き、ランス9にもぱすチャ3にも裏切られてスルーする羽目になっていただけにね…。

でも今更CGは変わらないだろうし、せっかくのRPGなのにパスしなければならないのかな…。


★2015年2月28日 追記
体験版が公開されたのでプレイしてみました。
2015年2月28日の記事:キャラ絵だけがねぇ…参照

23:22 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2014年11月07日

愛されまなな

先週に続き、「ぶれブラ VS まなな」が第二幕として公開されました。
まさか続くとは…。
出オチ的に一回限りの企画かと思っていたのでうれしい誤算ですね。
※ 前回については2014年10月31日の記事:ぶれブラ VS まなな参照

ということで早速プレイ。
今回はまなな側の舞台に移り、疑似学園物で地球侵略を目論むというもの。
案の定前回の次回予告は関係ありませんでしたw

それで話を進めていったのですが、今回は中略する場面が多くて物足りなく感じました。
まぁ、短時間でまとめるとなると仕方がないですけどね…。

でも2週もまななで楽しめたのは良かった。
まななの新作は出なくても、こういった形で登場してくれるのは嬉しいですよ。
スタッフからも愛されている証拠ですね。

これからもまななの活躍を楽しみにしています'`ィ(´∀`∩

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]

2014年10月31日

ぶれブラ VS まなな

アリスソフトのブログをチェックすると、ADV形式で「ぶれブラ VS まなな」というものが公開されました。
ウルトラ魔法少女まななとのコラボ…これは期待するしかっ!

ということで早速プレイ。
すると長官がまななを見た瞬間に「貴女はまなな様!」と言ったところで噴いたw
ぶれブラの長官とまななの司令官は別人ですが、顔グラは一緒ですからねぇ。
まななでのシーンが思い浮かんできます(ノ∀`)

その後もまななネタ満載です。
まななの女王様&長官のキモ豚とか、10万28回復活できるインチキみたいな設定とか、地球のことを睡眠学習してくるとか。
そして、予告になっていない(と思われる)次回予告。

どれをとってもまななをプレイした人にはたまりません'`ィ(´∀`∩
声も脳内再生できてしまったほどですw

まななは現在全話DLできるようになっていますので、未プレイの人はこの機会に是非。
今回のコラボのようなおバカな展開が好きなら楽しめますよ(っ´▽`)っ

23:59 | コメント |     カテゴリー [ エロゲー(未分類) ]