■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ
空の軌跡FC、SC、TT 1ページ目

2011年06月19日

空の軌跡 the 3rd 完

空の軌跡TT。
そんなわけでまずは大門。
ここもこれまでと同様に天使たちを薙ぎ払いながら駆け抜けてきました。

そしていよいよラスボスとご対面。
ルフィナ…かと思いきや、実はケビンの聖痕が化けた姿だったらしい。
なのでラスボスは聖痕。

で、まずは各ルートの中ボス戦から始まりました。
やはりボスラッシュでしたね。

それで中ボスは特に苦労することも無く撃破。
…まぁ、前座みたいなものですしね(ノ∀`)


そしてメインのラスボスのアニマ=ムンディとの戦いです。
HPはなんと15万!
しかも倒し方がわからず試行錯誤しましたが、なんとか安定して半分ほどまで削ることができました。
ですが、チャージ攻撃の「聖痕砲メギデルス」で被ダメ約3万!!!
一撃で全滅_| ̄|○

気を取り直してリトライ。
今度は最初のセプトクライシス対策と同様に、ジェネシックバリアで防ぐ作戦で挑んでみました。
しかし、「聖痕砲メギデルス」はアーツ攻撃ではなかったために一撃KO ̄|_|○
どうやらグラールスフィアが必須のようですね…。

ということで、中ボスラッシュ前のデータをロードし、グラールスフィアをセットしてやり直すことに。
んで中ボスラッシュをサクッと終わらせて再びラスボス戦です。
するとグラールスフィアの前では「聖痕砲メギデルス」も無力化。
一気に畳み掛け、ついにラスボスを倒すことができましたヽ('ヮ'*)ゝ


それでエンディングとなり、メンバーはそれぞれの場所に帰って行って終了。
これにて《輝く環》関連は全て片付き、ゲームクリアとなりました。
セーブデータをバックアップしてこのゲームは完了です。


さて、無事クリアしたので感想を書きたいと思います。
今作は、FCの終盤から話が出始め、SCでは崩壊させて無力化に成功した《輝く環》の続きという内容。
《輝く環》のサブシステムの《影の国》の暴走を鎮めるものでした。

それによって《輝く環》に関わった人物が次々と召喚されるといった流れだったので、いろいろなキャラでパーティが組めるオマケ的なゲームといった意味合いが強かったですね。
というのも、FCやSCでは描かれなかった部分のイベントも道中にある扉で見られるといった、まるでファンディスクみたいなこともありましたしね。

でも、そのために肝心の本編は影が薄く感じてしまうことも…。
過去のSSも入れたい、でも新しい話もやりたい、でどっちつかずになってしまった感があります。
まさに”二兎追う者は…”ですね。

それと問題だったのは星の扉14の内容。
いくら今作が結社とは無関係だからとはいえ、SC後の様子を見せてしまうのはどうかと思いました。
FC・SCとやってきた人はTTをやるにあたって、結社との対決の進展を期待してプレイするのは当然。
ですがいざプレイしても結社とは無関係なことが続き、極めつけは星の扉14で”今作は結社のことは何一つ解決しません”と言ってしまったこと。
それに「フフフ、ヤツ(ワイスマン)を失っても結社の柱は揺るがない」と、まるでどっかの漫画みたいな”引っ張り”を見てるかのような三流の演出。
これらにより、TTのやる気を削ぐだけではなく、SCまでの苦労が無駄のように感じてしまいました。
あれだけ苦労したのはなんだったんだろうと…。

そしてクリアしてもその気分は残り、挙句にはTTを出した意味すら疑問に感じる始末。
本当に今作は何の意味があったんだか、最後までやってもわかりませんでしたからねぇ。


なので、プレイ前の期待感は裏切られ、プレイ後の後味も悪い、そんな作品となっていました。
良作だったシリーズがこんなになってしまうだなんて非常に残念です。

この後に零とか碧とか出ていますが、空とは違ってまた主人公が変わっているみたいなのでやる気は起きませんよ。
あからさまに風呂敷を広げ過ぎた感がありますしね。

ホント、どうしてこうなったと言いたいです…。

23:23 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月18日

関連キャラでチーム分け

空の軌跡TT。
全員のレベルをとりあえず130まで上げ終わりました。
このぐらいあればラスダンでも何とかなりそうですしね。

それでパーティ編成はこうなりました。

 ・ケビン、リース、アネラス、クローゼ
 ・エステル、ヨシュア、シェラザード、ジョゼット
 ・レン、ティータ、アガット、ジン
 ・ユリア、リシャール、ミュラー、オリビエ

上から順に、主戦力、ロレント市、ツァイス市、国家、といったチーム分けです。
やはり主戦力以外は関連があるキャラでまとめたかったのでこうなりましたが、意外と戦力が分散できたので悪くない感じですね。


んで、これで右門から挑んでみると最後に中ボスの登場。
そして中ボス戦の前に他のパーティへと場面転換。
どうやら最後にまとめてボス戦ラッシュにしようとすることなのでしょう。

なので次の門へ移ったわけですが、ここでは一気に中ボスに向かうことにしました。
というのも、中ボスの時にちょっとしたイベントが起きそうな感じでしたからね。
先ほどはエステルたちで右門に挑んでみたわけだけど、そこで出てきたのは金色のパテル=マテル。
ヨシュアでもちょっとした会話がありましたが、どうせならレンで戦わせた方が良いかなと思いますよね。

そんなわけで、大門以外の中ボスが何なのか、そして誰がどんな会話をするのかを調べることに。
その結果、各門とチームの組み合わせはこんな感じです。

 ・右門(金色のパテル=マテル):レンチーム
 ・左門(黒のトロイメライ):ユリアチーム
 ・正面門(紅いレグナート):エステルチーム

パテル=マテルといえばレンですし、レグナードといえばエステル&ヨシュアですからね。
トロイメライはどの組み合わせでもこれといった会話イベントは無かったのですが、FCのラスボスなのでリシャールが合うかなといった具合で決めてました。


そして、右門、左門、正面門と一気に駆け抜けてきました。
…とはいえ、道中にいる天使たちとは戦ってレベルを上げることも忘れませんでしたけどね。
なので、中ボスに着く時にはどのキャラもLv140にはなっていましたよ。
このぐらいあれば大丈夫でしょう。

残りはいよいよ大門と各中ボス&ラスボス戦。
次回にはクリアできそうですねヽ^シ'ω')ノシ

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月16日

ラスダンは全員参加

空の軌跡TT。
さて、ともかく寄り道が全て片付きましたので、いよいよラストダンジョンへと出発です。

アルセイユで星層の外側へ出て、着いたのは幻影城。
ということでベストメンバーで…と思ったら、なんと4パーティに分けて全員で突撃を掛けるとか。

これには参りました。
何故なら主要キャラ以外はほとんど使ったことが無いですからねぇ…。
つまりレベルが低く、酷いキャラだとLv105という状態。
更に、メインの4キャラ以外はクオーツも装備も無くボロボロ_| ̄|○
そんなわけで出発直前のデータからやり直して、全てのキャラを鍛え上げることにしました。

んで、どんなパーティ構成で挑むか考えつつ、とにかく魔獣を倒しまくり。
ですがレベルが低すぎるため深淵はキツかったので、なんとか倒せるエルベ周遊道で地道にレベル上げ。
すると、サポートにEXP上昇のリースをつけていたとはいえ、1回の戦闘でEXP+9999と最大値が出る始末。
…どれだけレベルが低かったのかわかりますね(ノ∀`)


それにしても、最後になって全員使わせるのなら、ミラやセピスの入手量をもっと増やしてほしかった。
人数分買っていると全然足りないですからね。
そのせいで、メインの4キャラに絞って使わざるを得なくなってしまっていたので…。
とっかえひっかえだと面倒なので、一度クオーツをセットしたら崩したくないですからねぇ。
その辺りが考えられていれば良かったなと思いました。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月15日

何のためのthe 3rdなんだろう

空の軌跡TT。
残る扉を片付けるために、太陽の扉3の裏武術大会へ。

ここは以前ノーマルモードをクリアして以来、証取得後もスルーしていたので今更ながらハードモードからスタートです。
すると本当に今更だったらしく、ハードモードなのにちっともハードじゃなくなっていました(ノ∀`)
機関銃で被ダメ0とか…w
なので楽勝でクリア。

続いてはナイトメアモードに挑戦。
こちらは2個目の証取得後から間もないということで、そこそこ手強かったですね。
2戦目に出てきた戦車オルグイユにはなかなか苦労させられました。

ですがそこ以外の対戦相手は「人」ということもあってか初戦と3戦目は順調。
そして4戦目。
ここの対戦相手は《剣聖》カシウスと《剣帝》レーヴェのコンビでした。
ストーリーの時に戦ったことを考えると、「人」とはいえカシウスだけは別格でしたので苦戦しそうな予感が…。
するとその通りでしたので、とにかくカシウスに集中砲火させて真っ先に倒すことに専念。
その方法で何とか勝利することができましたよ。
これで裏武術大会も全てクリアです'`ィ(´∀`∩


そんなわけで、他の扉をクリア後に開かれるという、最後の扉・星の扉14を見てみることに。
ここの内容はあまりにも衝撃的でしたね…。
というのも、SCのエンディング直後の執行者たちの様子が描かれたものだったのですが、ワイスマンが倒れても柱の一つを失っただけで結社的には問題無いといったものでしたからねぇ。

つまり、この「the 3rd」をクリアしても結社の問題は片付かないと言っているようなもの。
そんなことをここで言われたら、ハッキリ言ってやる気をそがれました。
何のための今作・TTなんだと…。

確かに今作は結社とは関係無く、SCの時壊した《輝く環》の暴走みたいなものですからねぇ。
それでもシリーズ3作目なので、何らかしらケリをつけて終わらすのかと思っていたというのに…。
なのに、「中途半端でシリーズ終了確定」とこの時点で言われたらさすがにゲンナリ。


どうしてこんな作りにしてしまったのでしょう。
FCが予想外に売れたから無理矢理引き延ばそうという魂胆が丸見えですよね。
その証拠に、”軌跡”と付くゲームが乱発されていますし…。
これまでの英伝シリーズの「イセルハーサ編」や「ガガーブトリロジー」は、2・3作でキッチリ終わらしてたからこその名作だったというのにねぇ。

ファルコムにはガッカリしました。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月14日

ここにきてクイズとか…

空の軌跡TT。
どこまで続くのかと思われた深淵ですが、次の深淵・4で終わりでした(ノ∀`)

それで最後の中ボスに挑んでみると、相手はポム・ザ・テンペスト。
取り巻きのシャイニングポムと同様に、攻撃がほとんど当たらず、ダメージが通らず、と非常に厄介な相手。

なのでSクラフト頼りなのですけど、これまた一撃では倒せず…。
パーティの中で一番だと思われたケビンでも一撃ではダメだったので、素直に他のキャラも使うことにしたのですが、ここでまさかのクローゼのSクラフトが驚異的な威力を叩き出しました!
ロードし直して今度は最初からサンクタスノヴァを使ってみたところ楽に一撃で撃破。
意外なキャラが意外な威力を出すもんですね…。


そんなわけで深淵の最下層に辿り着いたので、拠点に帰還してきました。
で、ゼムリアストーンが気になったのでセレストに聞いてみると、どうやらこれを用いて武器を作ることができるようです。
なので、とりあえず武器攻撃主体のアネラスとリース用の武器を作成です。
ゼムリアストーンは4個あるのでケビンとクローゼの分を作ってもいいとは思いましたが、この先どうなるかはわからないので今は予備として残しておきます。
もしパーティが最後まで自由ならケビンの代わりにリシャールでも入れたいですしね。


さて、深淵もクリアしたので残りは扉だけ。
ということで、やり残した扉をクリアしていきましょう。
とはいえ、基本的に残っているのは太陽の扉の3と5。
あとは深淵最下層にあった星の扉15と、全ての扉をクリア後に見られる星の扉14だけです。

で、星の扉15を見たのちに、太陽の扉5へ。
…つまり武術大会は後回しということです(ノ∀`)

それでこの太陽の扉5は、カンパネルラの出すクイズに答えていくというものでした。
予想外のクイズということで最初の「かんたん」ですら苦労したものの、何回も繰り返せば正解は自然と頭に入ってきます。
なので「かんたん」、「ちょいムズ」、「激ムズ」と一気にクリアヽ('ヮ'*)ゝ
ま、暗記物ならこんなもんですよね。


これであとは武術大会と星の扉14のみ。
早く寄り道を片付けて本編に戻りたいです。
何せストーリー上はせっかくのクライマックスだというのに…。
”行ったら戻ってこられない”という演出は緊迫感をあおる意味では良いのですが、今作のようにミニゲームみたいなものが散りばめられているゲームにはそぐわないですね…。

23:55 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月13日

今だけ組み合わせ自由

空の軌跡TT。
さて最終話。
どうやらルフィナは影の国の外側にいるらしく、アルセイユに乗っていかないとダメらしい。
しかもその時には拠点としていた庭園を破棄しなければならないとのことなので、残っていることを片付けることにしました。

それで今のうちなのかわかりませんが、ケビンも固定メンバーから外れて4人自由に選べる素敵な時間。
せっかくなので自由に組もうかとも考えましたけど、どうせ先に進むとケビンとリースが固定になりそうな気がしたので、これまで通りのパーティに収まりました。
ストーリー的にケビンとリースは必須でしょうし…。
それなら、今のうちから少しずつ使っていってレベルを上げておきたいですからね。


そんなわけでパーティは相変わらず、ケビン、リース、アネラス、クローゼ。
SCまでならアネラスの代わりにオリビエだったんですけどね。
でも今作はオリビエの役どころをケビンが取ってしまったので、その代わりに物理攻撃主体のヨシュアポジションにアネラスを入れたというわけです。
強さだけならリシャールではありますが、FCの時からアネラスファンなのでこればかりは仕方が無いですよね(ノ∀`)


そして、レベル上げ用に造られたという「深淵」へと向かってみました。
するとかなりの深さがあり十分鍛えられそうです。
しかも中ボスもいますしね。

んで深淵・3の中ボスまでは倒しましたが、まだまだ下に繋がっていそうです。
一体どのくらいの深さがあるんでしょうね。
それと、中ボスを倒した時に得られるゼムリアストーンとは何なのでしょうか?
謎ですね…。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月12日

まさかの黒幕

空の軌跡TT。
最後の石碑は黒の方舟。
ヨシュアが必須で、舞台は戦艦グロリアスでした。

そして中ボスはまずドルン兄弟が出てきて、次に結社の執行者のヴァルター、ブルブラン、ルシオラが登場。
ドルン兄弟は苦労することなく倒せたのですが、執行者3人はサスガにきついですね。
ですが状態耐性や倒す順番を見直して倒すことができましたよ。

それで最後に守護者として出てきたのは黒騎士。
オーバルギアを従えての戦闘なので大変だったものの、地道に削っていってなんとか倒すことができました。
んで仮面が外れて素顔が見られたわけですが、予想通りに《剣帝》レーヴェでしたね。
これまで中ボスとしていろいろなキャラと戦ってきましたけど、そこから考えて誰がまだ出てきていないかを推測すれば一発でしょう。


そんなわけで石碑を全てクリアしたことにより、エルベ離宮への封印が解除されたので早速行ってみることに。

…と、ここで第六話が終了し、第七話「遠い炎群」がスタート。
それでエルベ離宮に着くかと思いきや、辿り着いたのは見慣れぬ場所…。
ケビンの説明によると、ここは紫苑の家といってケビンとリースが過ごしていた場所らしい。

そして二人の思い出話がいろいろあってから礼拝堂の中へ。
ここからはこれまでの話とはがらりと変わって、ストーリーの核心へと迫る内容のものに。
衝撃的な真実をケビンから打ち明けられるとともに、闇の王の正体まで判明しました。
まさかリースの姉のルフィナとはね…。


んで、そんな衝撃的なこと連発で頭がパニックになっている時に、更に被せてケビンとリースの二人だけ煉獄に落とされてしまいました。
なので二人パーティで進まなければいけないという状況。
これはキツイ。
というのも、装備やらクオーツやらは四人分で分けていましたからねぇ。
ですから中途半端になってしまい戦力大幅ダウンです_| ̄|○

なのでクオーツの葉隠を使って戦闘を極力回避。
ですがこれだとレベル不足になってしまうので、簡単に倒せる敵を選んで先制攻撃で仕留める作戦で進んでいくことに。
すると良い感じに進め、最後と思われる扉の前に到着。

そしてここで戦闘となったわけですが、出てきたのはSCラスボスのワイスマン。
しかも取り巻きにロストルムとアスタルテが出てきて非常に厄介です。
なのにこれを二人で倒すだとか…。
それでもなんとか撃破し、煉獄を抜けだすことができましたヽ^シ'ω')ノシ


それでここで第七話が終了。
で、次の話は最終話「いつか、辿り着く場所」。
いよいよ最終話ですね。
この調子で一気にクリアしたいものです'`ィ(´∀`∩

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月11日

カシウス准将

空の軌跡TT。
次の石碑は鏡の隠れ処。
ここはアネラス必須で、舞台は結社の研究所。

んで進んでいくと、ここでの中ボスは遊撃士の面々でした。
グラッツ、カルナ、クルツ、そして守護者のキリカ。
初めのグラッツだけは対処法が未知だった分大変でしたが、それ以降は同じ対処法でいけたので楽に倒せましたよ。
とにかく気絶耐性さえあれば何とかなりますからね。


そして次の石碑は鉄壁の砦。
ここはリシャール必須で、舞台はレイストン要塞。

舞台が舞台だけに、中ボスも予想通り。
シード中佐、カノーネ、モルガン将軍、そして守護者のカシウス准将。
モルガン将軍までなら、中ボスのキャラ自体は少々厄介でも、取り巻きが一般兵(カノーネ戦のみ特務兵)なので苦労することなく倒せました。
取り巻きが多かろうが、シルバーソーンで混乱させて無力化&同士討ちできましたからね。

ですが最後のカシウスは別格。
1人で挑んでくるだけあって強さが半端ないです…。
おかげで3連敗もしてしまいましたが、4戦目で何とか勝利。
本当に苦労しました…。


ともあれ鉄壁の砦もクリアし、残る石碑はあと一つ。
この調子で進んでいくとしましょうヽ^シ'ω')ノシ

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月10日

中ボス戦は夢の対戦

空の軌跡TT。
第六話の「守護者の試練」に入りましたが、ここではパーティの入れ替えが3人もできて結構自由が効くみたいですね。
なのでリシャールやレンを使おうかと思ったのだけど、やはり強さよりも好みを重視していつも通りのメンバーで行くことにしました。

それで進めていったのですが、どうも結局は2人は固定になるみたいです。
そんなわけでクローゼ必須の石碑に触れてみると、無色の学び舎へと飛びました。

ここは少し悩んでしまいましたよ。
というのも、何をしていいのかサッパリでしたからねぇ。
ですが、カラーナイトを倒すとダークナイトが消えるのを発見し、試行錯誤して何とか先へ進めるようになりました。

そしてレイヴンの3人を倒して奥に進むと、待ち構えていたのはこの場所の守護者。
…って、フィリップ!
いざ戦ってみるとなかなか強い。
元王室親衛隊大隊長であり、《剣弧》と呼ばれていただけはあります。

でも、どちらかというと一緒に出てくるエメラルドサーバントの方が厄介だったので、フィリップ自体にはそれほど苦労することはありませんでした(ノ∀`)

これで無色の学び舎はクリアとなり、次の石碑が光りだしました。
今度は誰が必須となって、どの場所が舞台となるのでしょうか。
そして誰が中ボスとして出てくるのか楽しみです'`ィ(´∀`∩

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]

2011年06月09日

昔の敵も心強い仲間

空の軌跡TT。
さて、扉の方が片付いたので、ストーリーの方を進めることにしましょう。

そんなわけで光の迷宮を進んでいくと封印石を発見。
誰が仲間になるのかと思ってみると、現れたのはなんとリシャール!
まさか仲間になるとはね。

んで、せっかくなので少し使ってみたのですが、これがまた強すぎ。
レベルがメンバー中で一番高かったとはいえ、STRがアネラスを抜いてトップになるだなんて。
雨月残心と利剣「迅羽」の武器性能差を考えると圧倒的。
それでいてオーブメントのスロットラインも優秀で、SPDもATSも高い。
…なんていうか、さすがFCのラスボス級だっただけはあるなと思いました。

そして、続いて影の迷宮を進んでいくと再び封印石があり、今後はレンが仲間になりました。
するとこちらも驚くべき性能で、スロットライン、ATS、SPDと、アーツ関係はどれもメンバー最高。
やはりSCの時、結社の執行者としてプレイヤーを苦しめた《殲滅天使》だけはあります。
でも年齢的な物か、ティータと同様にHPとDEFに難があるところは子供らしいですね。

で、ボスのアルケニー三姉妹を倒して第五話をクリア。
仲間もこれで全員揃ったようなので、これからはストーリーが一気に進行しそうです。
大詰めに近づいているのかもしれませんね。

23:59 | コメント |     カテゴリー [ 空の軌跡FC、SC、TT ]