■ 最近のオススメ
■ カテゴリー
■ 月別過去ログ

■ その他
ぴんくのにわ
メインページ 「ぴんくのにわ

ご意見ご感想はこちらからどうぞ

« まずまずのおまけ | 最新の記事 | エンディング無視のお... »

2013年05月22日

2つ目のおまけはギャグ話

大図書館の羊飼い。
今日はもう一つのつぐみのおまけ「生徒会長のおしごと」を見ていくことに。

こちらはトゥルーエンドの続きの話で、生徒会長としてでも身近さをアピールするには…といったものでした。
昨日見た1つ目のおまけのエッチシーン中心のものとは違い、2つ目のおまけはドタバタしたギャグ話。
それで、図書部時代の流れをそのまま生徒会でもやっているので、それに翻弄される多岐川葵が可笑しくて面白かったですw

とはいえ、もちろんつぐみと筧のニヤニヤ出来る話もあったりで、ポイントは押さえています。

しかし全体的に話が短く、少し物足りなかったですね。
まぁ、あれ以上話を広げるのも難しそうなので仕方が無い気もしますが…。

でも、せめてCGの1枚ぐらいはあっても良かったかと思います。
見終わった最後に出てくるタイトル絵を、オリジナルなものにしてくれるだけでも気分が違ったんですけどね…。
出来れば最後まで凝ってほしかったですね。

2013年05月22日 23:59      カテゴリー [ 大図書館の羊飼い ]

« まずまずのおまけ | 最新の記事 | エンディング無視のお... »

コメント

AppendixUはトゥルーエンドの後日談の一部で、Tとは違い日常使用のほのぼの話が主体です。おまけなんですから、それ以上の踏み込みやこだわりを持つ必要があるのでしょうか。付属の話みたいなものなのですから、長さは短くても大して不思議ではありません。文中でも述べていることが反映されきっていないのは、傍から見て疑問です。

2013年10月31日 09:15 名無しさん


名無しさんこんにちは。

おまけですから話の長さとしてはこのぐらいで良いのかもしれません。
ですが、そのキャラの最後となる話となると何か物足りなく感じてしまうんですよね。

解放順からして、本編→おまけ1→おまけ2の流れでプレイする人が多いかと思いますが、だからこそそのキャラの最後の話となるおまけ2に「締め」を期待してしまいました。
期待しすぎた部分もありますが、本編のボリュームからすると”あれ?”と感じてしまったわけです。

同じおまけでも、ただの付属のものとしてしまうのと、一工夫されているものとでは印象が変わります。
なので本文にも書いてありますが、ラストにオリジナルなCGが一枚あるだけでも気分は違っただけに少々残念に感じてしまいました。

2013年10月31日 20:40 すげっち


この記事にコメントする



※ 日本語が含まれていないコメントはスパムとみなされて自動的に消去されますのでご注意ください。